尊厳死宣言書・危急時の伝言書 〜安心を形にする会
尊厳死宣言書 危急時の伝言書 依頼人の声 よくある質問 費用と申込 尊厳死宣言書 安心を形にする会TOP
 


自分でできる
「尊厳死宣言書」の申込

事務局

特定商取引法表示








サイト内検索





尊厳死宣言書作成 ご依頼人さまの声

★私もこの6月で66歳となり、「70歳まで4年しかないのか」と強く思いました。内臓、血液等に異常はありませんが、いつ、何があっても不思議のない年齢です。
尊厳死宣言は、以前から実行したいと思っていましたが、今般「尊厳死」でインターネット検索したところ、貴所のホームページを発見し、宣言の趣旨・意味、手続サポートが具体的にわかりやすく説明されていましたので、具体的サポートをお願いしました。
とにかく、残された家族(私の場合、妻と長女)に負担をかけたくない一心です。もちろん、安楽死がすぐ施されることでないことは、よく理解しています。 (東京都・66歳・男性)

★父が昨年から弱ってきて、入退院を繰り返しましたが、今年6月から食事も取れなくなってきたところ、「胃ろう」の手術を受けることの判断を迫られ、また、その後、輸血についても同様の判断をする必要にせまられました。助からないことが分っているのに延命の為、措置に同意しました。その頃、ネットで林先生HPを知り、母のために尊厳死宣言書を書いてもらうことにしました。母も喜んで同意しました。その後間もなく父は息を引き取りましたが、生前に宣言書を書いておいてもらえれば、本人も苦しまずにすんだのにと思います。もちろん、私たち夫婦も将来書くつもりでいます。(兵庫県)

★食道ガン手術後6年になりますが一切飲食出来ない身体となりました。栄養剤のチューブに1日のほとんどをつながれています苦しくない死の時が来るなら、今でもかまわないと思っています。
しかし、現実はなかなかそうはいきません。この先どんな苦痛が待っているのかと考えたら、暗澹たる重いに駆られます。「尊厳死宣言書」を作って頂いたおかげで、ひとつ安心ができたと感謝しています。もちろん、主治医にもコピーの一部を渡してあります。今後とも、よろしくお願いいたします。これでも、掃除洗濯くらいはできるのですよ。

★これで安心です。どうもありがとうございました。
間違えて遺言書に書くところでした。

★年を取り、体調もすぐれず、娘に尊厳死についての資料を依頼しました。
娘がホームヘルパーの指導員に携わる関係で、資料をHPで集めてくれたので、その中でここを知り、よく考えた上でご連絡致しました。(滋賀県・富岡弘様・74歳)

★まだ法制化されていないので、あくまでも意思表示の宣言であるので、効力に不安を持っている。本人自由意思の宣言ができれば、と、思っている。

★送付確認リストがありましたので、大変助かりました。主人の病気が急変したときに、この書類を提出して先生が納得してくださって主人の意志通りに成り、家族一同心安らかに送り出せてよかったと、後々も思いました。(滋賀県・富岡朝海様・73歳)

★ただ機械的に生かされるのはいやだと思っても、自分ではどうすることもできないものと思っていました。2年ほど前「尊厳死宣言書」を知り、自分の意思が書面になるのかと感じました。それから数年、友人から身内の死にピリオドを打った人の話を聞き、精神的苦痛、負担を自分に置換えて聞いてしまいました。
私は宣言書を作る「意思」を書面にすることによって、夫、子供たちに対し、少しでも精神的負担をなくして欲しいと願い、尊厳死宣言書を作成しました。(愛知県・女性)


危急時の伝言書作成 ご依頼人さまの声

自分で作成しようと、何度も書き始めていたのですが、どうしても完成させることができないでおりました。思った以上に、自分の考えや希望を自分だけでまとめるのは大変な作業でした。そんなとき、このHPを知り、林さまにお手伝いいただき、やっと完成させることができました。この伝言書を子供たちに渡すことができ、いつも気になっていたことからやっと解放された気持ちです。林さまには、何度も何度も、修正・変更をお願いしたにも関わらず、いやな顔ひとつせずにいつも快く対応していただいたことには、本当に感謝しております。これからも、私のような人間のために、頑張ってください。このたびは、本当にお世話になりました。

このたびは、大変お世話になり、ありがとうございました。完成した今、家族に『危急時の伝言書』の存在は知らせていますが、意識があるうちは読まれたくありませんので、どこに保管しておこうか考え中です。ただ、封をしっかりとのり付けしておけば、保管場所をしらせておいても読まれることはないと思うのですが、甘い考えでしょうか(笑)。また、なにかありましたときには、連絡させていただきます。
気持ちが軽くなりました。ありがとうございました。


Copyright(C) 安心を形にする会 all rights reserved.