尊厳死宣言書・危急時の伝言書 〜安心を形にする会
尊厳死宣言書 危急時の伝言書 依頼人の声 よくある質問 費用と申込 尊厳死宣言書 安心を形にする会TOP
尊厳死宣言書(リビングウィル)
 

尊厳死宣言書
(リビングウィル)とは?

尊厳死と延命治療中止
尊厳死と法律・判例
安楽死の4要件
尊厳死宣言書がない場合

尊厳死宣言書の有効期限

「尊厳死宣言書」新聞掲載コラム


自分でできる
「尊厳死宣言書」の申込

事務局

特定商取引法表示





サイト内検索






尊厳死宣言書(リビングウィル)とは?

 尊厳死宣言書は、“リビングウィル”とも、呼ばれ、現在の医学では不治であり、死期が迫っているにもかかわらず、いたずらに死期を引き延ばすためだけの延命措置を拒否するように宣言するものです。
 内容的には、

  1. 無意味な延命措置の拒否
  2. 苦痛を和らげる処置の実施
  3. 植物・脳死状態での、生命維持措置の拒否

です。

 現在は、尊厳死に関わる法律がありません。ですから、“尊厳死宣言書”というものが、法的に効力を持ち、そこに書いてあることがすぐさま、かなえられるというものではありません。

 しかし、医療現場では、判例を法的よりどころとして、この尊厳死宣言書(リビングウィル)があることによって、自己の意思として認められ、体中にチューブを通し、ただ、“機械に生かされているだけ”という、延命治療を中止することができています。


尊厳死宣言書(リビングウィル)写真

尊厳死宣言書サンプル

当会では、尊厳死宣言書を3部程度作成することをおすすめしています。

1)延命措置の停止
2)苦痛を和らげる処置は最大利用
3)植物状態での生命維持措置の停止

3点を求める書面です。判例に基づいた記載ですので、文面の変更はできません。積極的な死を求めるものではなく、無意味な延命措置を停止し、人として尊厳ある死を迎え入れるための書面です。


 
Copyright(C) 安心を形にする会 all rights reserved.