損害賠償請求、慰謝料請求の基礎知識、トラブル相談  行政書士高田事務所・内容証明研究会
損害賠償請求、慰謝料請求
損害賠償請求や慰謝料請求で最終的なトラブル解決。
内容証明郵便や示談書、合意書などの作成から裁判に至るまでの手順や損害賠償請求や慰謝料請求の法的根拠をわかりやすく解説します。刑事事件との絡みも。
  
今すぐ、損害賠償請求相談
メール無料相談
メール有料相談
電話相談(有料)
面談相談(有料)
損害賠償請求とは
損害賠償請求とは
過失相殺と損益相殺
損害賠償請求の時効
損害賠償請求の方法
保険の制度
債務不履行
 -債務不履行とは-
債務不履行とは
 -債務不履行による損害賠償請求-
債務不履行の損害賠償請求
損害賠償請求の範囲
瑕疵修補請求と危険負担
 -債務不履行による契約解除-
債務不履行による契約解除
 -債務不履行の強制履行-
債務不履行の強制履行
不法行為
 -不法行為と損害賠償請求-
不法行為とは
不法行為の損害賠償請求
民事トラブル
 -債務不履行が原因のもの-
売買契約の解除トラブル
不動産トラブル
賃貸トラブルと損害賠償請求
(不動産の税金対策)
 -不法行為が原因のもの-
ペットトラブル
不倫・浮気の慰謝料請求
車事故の損害賠償請求
車事故の損害賠償請求
刑事事件
告訴・告発・刑事事件
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  損害賠償請求慰謝料請求ホーム > 債務不履行 > 債務不履行の強制履行

債務不履行の強制履行

  1. 履行請求権とは
  2. 債務不履行の強制履行とは
  3. 強制履行の具体的強制方法

履行請求権とは

債務不履行になったとき、履行不能・完遂不能でない限り、債権者は履行請求権を行使することができます。

履行請求権とは以下のように、債務を履行せよと請求する権利であって、追完請求権や完全履行請求権のことです。

  • 履行遅滞の債務者に「早くやれ」、「早く給付しろ」と請求
  • 不完全履行の際に「完全な履行をせよ(足りないものを補充せよ」と請求

今すぐ相談 このページの上へ

債務不履行の強制履行とは

債務者が、履行請求をした時点でその請求に従えばよいですが、そうでない場合、法律上の強制力をもって履行させる方法があり、それが、強制履行(現実的履行の強制)です。

強制履行は、民事執行法に規定されており、次の2タイプあります。

  1. 債務者の意思に関係なく債務の内容を実現する直接強制
  2. .罰金を科す等して債務者の行為を促す間接強制

今すぐ相談 このページの上へ

強制履行の具体的強制方法

強制執行(直接強制) (裁判提起⇒債務名義を得る⇒強制執行)

  • 動産の場合(民事執行法169条)
    裁判所の執行官が目的物を債務者から取り上げて、債権者へ引渡す。
  • 不動産や船舶の場合(民事執行法168条)
    執行官が債務者の占有を解いて、債権者に占有させる。
  • 金銭債務の場合
    債務者の財産に対して差押え、競売をし、その代金から債務の弁済を受ける。
  • 法律行為を目的とする債務の場合(民法第414条第2項、民事執行法174条)
    裁判をもって債務者の意思表示に代えることができる。

奴隷的拘束の禁止

債務者自らが何らかの行為をすることが内容となっている債務で、債務の性質が強制執行を許さない場合については、直接強制はできません。(民法第414条第1項)
その場合は、代替執行(民法第414条第2項、民事執行法171条)や間接強制(民事執行法172条)を利用することになります。これらは、債務者以外の者に行為させ、それにかかった費用を債務者に負担させるというものです。

 

今すぐ相談 このページの上へ











損害賠償請求・慰謝料請求ホーム | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
損害賠償請求慰謝料請求ホーム 損害賠償請求慰謝料請求無料相談 損害賠償請求慰謝料請求ホーム 高田行政書士事務所案内 お客様の声 よくある質問 損害賠償請求慰謝料請求無料相談 損害賠償請求・慰謝料請求ホーム