自転車事故の慰謝料請求・損害賠償請求や示談合意は内容証明郵便で。裁判例・事故事例・賠償金額の紹介も  行政書士高田事務所・内容証明研究会
自転車事故トラブル解決
自転車事故で怪我をしたり自転車が壊れてしまった場合の解決方法
 加害者への慰謝料請求、損害賠償請求の仕方、示談のしかた、裁判例・事故事例の紹介など
  
自転車のルールと交通違反
自転車は軽車両扱い
TSマークとは
自転車の安全利用五則
車道・自転車道通行ルール
歩道通行ルール
交差点・横断通行ルール
自転車の乗り方
自転車の2人・3人乗り
自転車の交通違反・罰金
自動車交通違反との違い
 -ブレーキなし・故障-
ブレーキなしピスト自転車
自転車事故事例・判例
自転車事故裁判例一覧
被害自転車が無灯火判例
無灯火未成年・親責任なし判例
歩行者に衝突・親責任なし判例
歩道上の事故過失相殺なし判例
自転車同士衝突・親責任有判例
 -判例一覧(場所・状況別)-
歩道上の事故判例
路側帯上などの事故判例
公園、駅等の自転車事故判例
横断歩道等の自転車事故判例
対向方向歩行者との事故判例
歩道のない道路での事故判例
歩行者が加害者となる事故判例
自転車同士事故判例(交差衝突)
自転車同士事故判例(正面衝突)
自転車同士事故判例(追突)
 -事例など-
自転車事故事例と刑事罰
自転車事故が起きやすい時
自転車事故の責任
事故直後加害者がやること
事故直後被害者がやること
自転車事故の民事・刑事責任
過失割合とは
歩行者との過失割合
自動車との過失割合
自転車事故の立証責任
未成年者の責任能力とは
自転車事故における親の責任
自転車保険
自転車保険に入るべきか
自賠責保険は適用されない
自転車保険(保険会社)
自転車保険4つの分類
自転車保険に代わるもの
TSマーク付帯保険
自転車事故の解決
自転車事故の示談
自転車事故の示談書の書き方
内容証明で慰謝料請求
マナーと標識
自転車の運転マナー
知っておきたい道路標識
参考資料
改正道路交通法
自転車の安全利用促進
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  自転車事故ホーム > 自転車のルールと交通違反 > 自転車は軽車両扱い

自転車は軽車両扱い

自転車は道路交通法で自動車の一種である「軽車両」とされています。

「軽車両」とは

軽車両の定義 (道路交通法第2条第1項第11号)

自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの

ただし、「軽車両」に位置づけられた乗り物は、人が乗って運転している場合のみ軽車両という扱いになり、自転車・馬などから下りて引いている場合などは歩行者の扱いとなります。

軽車両の具体的例

  • 自転車(三輪以上のもの、側車付きのもの、電動アシスト自転車も含む。小児用の三輪車などは含まない)
  • 荷車(大八車、リヤカー、屋台など人が引くもの)
  • そり(馬車、牛車など動物によって引かれるもの)
  • 牛・馬・象などの動物

今すぐ相談 このページの上へ

「軽車両」である自転車の運転は、道路交通法を守る義務がある

自転車は道路交通法上、自動車の一種(軽車両)として扱われるわけですから、自転車を運転する人は、道路交通法という法律を守り安全に運転しなければならない義務を負います。

自転車の走行原則

  • 車道を走る(歩道は例外)
  • 道路の左側を通行しなければならない

例外として歩道を通行できる場合

  • 道路標識等で指定された場合
  • 運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者
  • 身体の不自由な方
  • 車道又は交通の状況から見てやむを得ない場合

その他、通行ルール違反行為に関してはそれぞれのページで解説します

今すぐ相談 このページの上へ











自転車事故のトラブル解決ホーム | 自動車交通事故の慰謝料請求 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
自転車事故 自転車事故無料相談 自転車事故 事務所案内 お客様の声 よくある質問 自転車事故無料相談 自転車事故のトラブル解決ホーム