敷金返還請求や、更新料支払拒否、立ち退き請求、家賃滞納など賃貸契約のトラブルは内容証明郵便で解決!  行政書士高田事務所
賃貸トラブル解決
敷金返還、更新料の支払拒否、家賃値上げ、家賃滞納、近隣の騒音、水漏れ、立ち退きなど、
賃貸アパート・賃貸マンションのトラブルは多種多様にわたります。
賃貸契約時の注意点からトラブル解決までを解説しています
  
今すぐ、賃貸トラブル相談
メール無料相談
メール有料相談
電話相談(有料)
面談相談(有料)
賃貸契約
賃貸契約の流れ
賃貸契約の連帯保証人
保証会社の保証代行
仲介手数料とは
礼金とは
敷金とは
賃貸入居前のチェック事項
入居前のチェック
重要事項説明書
賃貸契約書
入居審査
手付金と預かり金
賃貸入居中のトラブル
長期不在
入居者以外の立ち入り・宿泊
居住以外での使用
家賃の滞納
途中解約
定期借家契約での途中解約
賃貸更新時のトラブル
更新拒否
家賃の値上げ
契約内容の変更
敷金の変更
更新料の支払い
2つの更新料
連帯保証人の追加、変更
賃貸退去時のトラブル
退去の流れ
家賃の日割り精算
原状回復とは
経年変化とは
修繕費用
敷金返還
貸主負担と借主負担の具体例
敷金返還請求の時効
敷金返還の方法
敷金返還の判例
法律・通達・条例・訴訟制度
定期借家契約
消費者契約法
少額訴訟制度
賃貸住宅紛争防止条例
国土交通省ガイドライン
借地借家法の条文解説
借地借家法-目次
 -建物賃貸借契約の更新等-
建物賃貸借契約の更新等
解約による建物賃貸借の終了
建物賃貸借契約の更新拒絶要件
建物賃貸借の期間
強行規定
 -建物賃貸借の効力-
建物賃貸借の対抗力等
借賃増減請求権
造作買取請求権
賃貸借終了時の転借人の保護
借地上の建物の賃借人の保護
居住用建物の賃貸借の承継
強行規定
 -定期建物賃貸借等-
定期建物賃貸借
取壊し予定の建物の賃貸借
一時使用目的の建物の賃貸借
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  ホーム > 賃貸退去時のトラブル > 経年変化とは

経年変化とは

経年変化と言うのは、年月が経つうちに住居が自然損耗することを言います。つまり、賃貸物件を明け渡す時の基準となる原状回復というものは、経年変化を考慮し状況によって変化するもので、借主だけが100%を負担するものではないということです。

経年変化とは

経年変化を考慮する理由には大きくふたつあります。

 

経年変化を考慮する理由

1)どのような場合でも、必ず経年変化、通常損耗があります。その分は賃借人が賃料として支払っているわけで、この経年変化と通常損耗の分が賃貸借期間中と明渡し時とで二重に請求されることになってしまいます。これを防ぐために経年変化を考慮します。

 

2)例えば、経過年数1年で毀損させた場合と経過年数10年で毀損させた場合を比べた場合、10年の場合は1年の場合よりも大きな経年変化や通常損耗があると考えるのが自然です。この場合に修復に必要な費用の負担額が同じであるというのは理にかないません。これを防ぐために経年変化を考慮します。

 

具体的に、壁紙を破いてしまった場合の例で見てみましょう。

あなたが新築の賃貸アパートに入居し、5年後に退去したと仮定します。

当然ながら、新築で入居したということは壁も新品ですから、その時の価値は100%です。しかし、5年後にはほぼ半分の価値になります。

あなたが住んでる時に、何かの拍子に壁紙を破いてしまった場合、あなたには、その部分については弁償する必要があります。

しかし、壁紙そのものに関しては5年経過していてその価値は半分程度ですから、借主側で弁償する費用も現在の価値全部、つまり、壁紙を総張替えする費用の半分の負担でよいことになります。

また、さらに長く10年ほど住んだような場合、壁紙の価値はさらに減少します。壁紙の価値の減少のほとんどの部分は自然損耗ですから、あなたが家賃の中で支払済みですから、仮に故意の過失があったとしても大きな負担はないと考えてよいわけです。

今すぐ相談 このページの上へ










賃貸トラブル解決ホーム | 不動産トラブル | 不動産の税金対策 | 損害賠償請求・慰謝料請求の基礎 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
敷金返還賃貸トラブル 賃貸トラブル無料相談 敷金返還賃貸トラブル 高田行政書士事務所案内 お客様の声 よくある質問 賃貸トラブル無料相談 賃貸トラブル解決ホーム