不動産の購入・新築時、保有中、売却・相続・贈与など譲渡時に発生するトラブルの対処法と解説。トラブル事例・判例の紹介も。 行政書士高田事務所・金森合同法務事務所
不動産のトラブル
不動産購入・新築時、保有時(立ち退きや運用)、贈与・相続時、売却時におきるトラブルの解決方法と、不動産にまつわる基本的な知識から豆知識まで解説をします。また、不動産投資・資産運用に関するご相談についても専門家が回答します。
  
今すぐ、不動産のトラブル相談
メール無料相談
メール有料相談
電話相談(有料)
面談相談(有料)
不動産登記の基礎知識
不動産の登記簿謄本
所有権移転登記とは
仮登記とは
予告登記とは
登記識別情報(権利証)
土地に関する基礎知識
公図と現況の違い
袋地所有者の権利
 - 権利関係 -
法定地上権とは
借地権の対抗要件
建物に関する基礎知識
建築制限について
用途地域内の規制
建ぺい率と違反
不動産購入のトラブル解決
 - 不動産購入時の事前調査 -
不動産会社を選ぶ
実際の土地や建物を確認する
所有者や権利関係の確認
都市計画法や建築基準法制限
ハザードマップで災害状況確認
 - トラブル解決の豆知識 -
手付金と履行の着手
建物の瑕疵担保責任
購入家屋の引渡し前滅失
購入家屋の明渡し請求
共同購入の注意点
不動産の二重売買
不動産の他人物売買
借地権・借家権の譲渡権利
借地上の家屋購入
抵当権付不動産の購入
仮登記付不動産の購入
仮差押登記付不動産の購入
仮処分登記付不動産の購入
実測が登記簿(公図)より小さい
競売物件購入の方法と注意点
 - 不動産購入時の税金豆知識 -
購入時にかかる税金
不動産売却時の注意点
 - トラブル解決の豆知識 -
無権代理人に売却された場合
 - 不動産売却時の税金豆知識 -
売却時にかかる税金
マンショントラブル
 - マンション規約と管理 -
マンション規約の内容とは
共用部分の管理
 - マンショントラブル -
管理費の横領・背任行為
管理費修繕積み立て費の滞納
借地借家法の条文解説
借地借家法-目次
第1章 総則(趣旨・定義)
第2章 借地
 第一節 借地権の存続期間等
 第二節 借地権の効力
 第三節 借地条件の変更等
 第四節 定期借地権等
第3章 借家
 第一節 建物賃貸借契約の更新
 第二節 建物賃貸借の効力
 第三節 定期建物賃貸借等
その他
賃貸トラブルの解決
不動産の税金対策
不動産関連おすすめ本
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  不動産のトラブルホーム > 不動産購入のトラブル解決 > 不動産の二重売買

不動産の二重売買

  1. 二重売買は違法ではない
  2. 不動産は登記が対抗要件
  3. 供託、処分禁止の仮処分
  4. 二重売買を防ぐには仮登記仮処分

二重売買は違法ではない

不動産売買契約をして、自分が購入したつもりになっていても、売主が手付倍返し(民法557条)をして契約解除を求め、もっと高く買い取ってくれる買主のほうに売りたい、ということがあります。

残念ながら、このような二重売買は違法ではなく、時として、よくあることです。

今すぐ相談 このページの上へ

不動産は登記が対抗要件

二重売買をされたときに、誰が本当の所有者かということを争うことになりますが、早く契約をしたほうとか、早くお金を支払ったほうということではなく、「どちらが早く自分の名義に登記をしたか」(民法177条、不動産登記法6条)ということで、所有者が決まります。

このように第三者に自分の不動産であることを主張するための対抗要件は、不動産の場合「登記」になります。

今すぐ相談 このページの上へ

供託、処分禁止の仮処分

購入が決まったら、早く代金を支払い登記させますが、売主が代金を受け取らない場合は、「供託」という方法で、代金を供託所に預け、支払ったことと同じ効果を作ることになります。

そして、登記しなければなりませんが、売主の協力を得られないわけですから、裁判所で「処分禁止の仮処分」をしましょう。

これは、この不動産は自分のものであるから他の人の登記を受けないようにしてくださいという旨の処分です。もちろん、裁判所がする決定ですから、売買が成立しているという証拠が必要になります。

売買契約書があれば一番ですが、なければ、手付け金支払の証書や証人の報告書、自分も上申書を作成するなどして、売買契約成立を証明します。

今すぐ相談 このページの上へ

二重売買を防ぐには仮登記仮処分

不動産登記は本来、登記権利者(買主)と登記義務者(売主)が共同して申請することになっています。しかし、仮登記の場合は仮登記義務者の承諾書があれば仮登記権利者が単独で登記申請することができるのです。

二重売買をされないようにするためには、仮登記仮処分の手続き(不動産登記法33条)をするのが確実ですが、これは、契約書や承諾書などで、仮登記の合意がなされていることが必要です。

仮登記仮処分とは

登記義務者が登記申請に応じない場合や、仮登記申請の承諾書をくれない場合の救済措置として、仮登記権利者が不動産所在地の地方裁判所で仮登記原因を疎明、申請し、仮登記仮処分命令を出してもらう制度です。

そして、この仮登記仮処分命令の決定正本を持って、仮登記仮処分の登記をすることができ、仮登記としての順位を保全することができます。

今すぐ相談 このページの上へ










不動産のトラブルホーム | 不動産の税金対策 | 賃貸トラブルの解決 | 損害賠償請求・慰謝料請求の基礎 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
不動産のトラブル 不動産のトラブル無料相談 不動産のトラブル 行政書士高田加織案内 お客様の声 よくある質問 不動産のトラブル無料相談 不動産のトラブルホーム