不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求、内縁関係や離婚の知識も。無料メール相談  行政書士高田事務所・内容証明研究会
不倫・浮気の慰謝料請求
不倫・浮気・婚約破棄などの慰謝料請求無料相談
不貞行為、同棲、内縁関係、離婚についての知識も
  
今すぐ、慰謝料請求相談
メール無料相談
メール有料相談
電話相談(有料)
面談相談(有料)
慰謝料請求とは
慰謝料と損害賠償
慰謝料額の決定と相場
慰謝料請求の時効
慰謝料請求の方法・手順
慰謝料請求をされた場合
不倫・浮気の慰謝料請求
不貞行為(不倫・浮気)とは
不貞行為(不倫・浮気)の証拠
浮気慰謝料請求が可能な要件
不倫・浮気の慰謝料相場
共同不法行為としての慰謝料
ダブル不倫の慰謝料
風俗・援助交際浮気慰謝料
不倫浮気の慰謝料裁判例
不倫浮気慰謝料請求時効
不倫・浮気慰謝料請求Q&A
 -慰謝料請求をされた場合-
慰謝料請求されたら確認
慰謝料を払う場合
脅迫もされている場合
 -不倫・浮気のQ&A-
プレゼント返還を迫られた
相手の配偶者から暴力
不倫相手が未成年
夫婦同居の義務
愛人契約でもらった車の返還
離婚に迷ったまま慰謝料請求
慰謝料請求の上限はない?
 -浮気調査-
浮気調査について
婚約破棄の慰謝料請求
婚約とは(婚約成立の要件)
婚約破棄とは(正当理由)
損害賠償・慰謝料請求
婚約破棄の慰謝料請求相手
 -婚約破棄のQ&A-
婚約破棄後の妊娠中絶出産
プレゼントの返還要求
無収入の相手へ慰謝料請求
婚約破棄時に結納は返す?
同棲・内縁関係のトラブル
内縁関係とは
重婚的内縁関係
内縁の不倫浮気慰謝料請求
内縁解消後の親権
未婚かつ未成年者の親権
 -内縁・同棲のQ&A-
別れた内縁相手に請求
不妊なのに中絶費用請求された
同棲解消の慰謝料請求
内縁解消と離婚の違い
離婚の知識
離婚の種類(協議・調停・裁判)
離婚届の不受理申出
離婚理由になる浮気(継続反復)
有責配偶者からの離婚請求要件
有責配偶者からの離婚判例
親権・監護権・面接交渉権
養育費
財産分与
離婚後の戸籍・姓、子供の戸籍
  -離婚後の請求-
離婚後の慰謝料追加請求
離婚後の財産分与
離婚による年金分割
  -裁判所の利用-
離婚調停の手続き
離婚裁判の手続き
  -離婚と税金-
慰謝料・財産分与の税金
持ち家譲渡の特別控除
所得控除(寡婦控除)
 -離婚のQ&A-
離婚のQ&A
不妊が理由の離婚慰謝料
離婚後に元夫の姓名乗れる?
結婚・婚姻とは
法律上の夫婦になる要件
結婚の法律上の効果
未成年者の結婚
結婚の取り消し・無効
外国人との結婚
  -夫婦間のトラブル-
夫婦間の約束(契約)
夫または妻の借金
  -結婚・婚姻のQ&A-
戸籍で結婚離婚暦はわかる?
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
  不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求 > 不倫浮気慰謝料請求時効

不貞行為(不倫浮気)の慰謝料請求の時効

  1. 不貞行為(不倫・浮気)は不法行為
  2. 裁判所によって起算日の考え方が違う
  3. 不貞行為(不倫、浮気)などの事情を知ったときから3年が経つと時効にかかるという考え方
  4. 離婚が成立してから3年が経つと時効にかかるという考え方

不貞行為(不倫・浮気)は不法行為

民法724条において、

「一般に不法行為による損害賠償請求権は、行為のあったときから20年か、請求する相手が判明してから3年の、いずれか短いほうで時効消滅する。」

と規定されています。不倫も不法行為の一種なので、この時効についての規定が適用されます。

したがって、浮気をされたということ知ったときから3年、あるいは、浮気があったことを知らなくても、浮気があったときから20年を経過した場合には消滅時効にかかります。

だたし、これは、当然に消滅時効にかかるというわけではなく、相手が消滅時効の援用をすることによって時効が成立するものですので、相手が支払うといった場合には支払ってもらうことは可能です。

ただし、消滅時効にかかっていなくても、「慰謝料の請求はしない」ことで示談が成立している場合には、請求ができなくなります。

今すぐ相談 このページの上へ

裁判所によって起算日の考え方が違う

基本的には、不倫・浮気の事実を知ったときから3年なのですが、裁判所によって、不倫相手への慰謝料請求はいつまで請求できるのかについて、判断が分かれています。

>>不貞行為(不倫、浮気)などの事情を知ったときから3年が経つと時効にかかるという考え方

>>離婚が成立してから3年が経つと時効にかかるという考え方

このように裁判所での判決で、時効のスタートについての考え方は分かれています。

時効になって慰謝料を取れなかったということを避けるためにも、不倫相手へ慰謝料を請求する場合には、できれば不倫を知った時から3年以内に行ったほうがいいでしょう。

なお、3年が間近に迫っており、すぐに訴えることが難しいような場合には、内容証明で請求しておきましょう。内容証明が相手に届いてから6か月以内に裁判所に訴えれば、3年が経っていても時効にかかりません。

今すぐ相談 このページの上へ

慰謝料請求の時効起算日は不貞行為(不倫・浮気)を知ったとき

最高裁判所の平成6年1月20日判決の裁判例

「(本件は)被上告人の妻としての権利が侵害されたことを理由に,その間の慰謝料の支払を求めるものである」

「夫婦の一方の配偶者が他方の配偶者と第三者の同棲により第三者に対して取得する慰謝料請求権については,一方の配偶者が右の同棲関係を知った時から,それまでの間の慰謝料請求権の消滅時効が進行すると解するのが相当である。

けだし,右の場合に一方の配偶者が被る精神的苦痛は,同棲関係が解消されるまでの間,これを不可分一体のものとして把握しなければならないものではなく,一方の配偶者は,同棲関係を知った時点で,第三者に慰謝料の支払を求めることを妨げられるものではないからである。」

これは、夫が不倫し、不倫の相手方に対する慰謝料請求は、そのような事実を知ってから3年間で時効にかかるとした判例です。

今すぐ相談 このページの上へ

離婚が成立してから3年が経つと時効にかかるという考え方

東京高裁 平成10年12月21日 判決の裁判例

妻が夫の同棲の相手に対して取得する慰謝料請求権については、妻がその同棲関係を知った時から、それまでの間の慰謝料請求権の消滅時効が進行すると判示しましたが、同時に、妻が、

「その相手の不法行為により離婚をやむなくされ精神的苦痛を被ったことを理由として損害の賠償を求める場合、右損害は離婚が成立して初めて評価されるものであるから、第三者との肉体関係ないし同棲の継続等を理由として離婚を命ずる判決が確定するなど離婚が成立したときに初めて離婚に至らせた第三者の行為が不法行為であることを知り、かつ損害の発生を確実に知ったこととなるものと解するのが相当である。」

と判示しております。

これは、夫が不倫相手と同棲していたケースですが、不倫相手への慰謝料の時効は、離婚が成立したときからスタートするとしました。このケースでは離婚が成立してから3年が経っていなかったので、時効は成立せず、慰謝料請求が認められました。

今すぐ相談 このページの上へ









不倫・浮気の慰謝料請求ホーム | 損害賠償請求・慰謝料請求の基礎 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
不倫浮気慰謝料請求トラブル 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫浮気慰謝料請求トラブル 高田行政書士事務所案内 お客様の声 よくある質問 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫・浮気慰謝料請求ホーム