不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求、内縁関係や離婚の知識も。無料メール相談  行政書士高田事務所・内容証明研究会
不倫・浮気の慰謝料請求
不倫・浮気・婚約破棄などの慰謝料請求無料相談
不貞行為、同棲、内縁関係、離婚についての知識も
  
今すぐ、慰謝料請求相談
メール無料相談
メール有料相談
電話相談(有料)
面談相談(有料)
慰謝料請求とは
慰謝料と損害賠償
慰謝料額の決定と相場
慰謝料請求の時効
慰謝料請求の方法・手順
慰謝料請求をされた場合
不倫・浮気の慰謝料請求
不貞行為(不倫・浮気)とは
不貞行為(不倫・浮気)の証拠
浮気慰謝料請求が可能な要件
不倫・浮気の慰謝料相場
共同不法行為としての慰謝料
ダブル不倫の慰謝料
風俗・援助交際浮気慰謝料
不倫浮気の慰謝料裁判例
不倫浮気慰謝料請求時効
不倫・浮気慰謝料請求Q&A
 -慰謝料請求をされた場合-
慰謝料請求されたら確認
慰謝料を払う場合
脅迫もされている場合
 -不倫・浮気のQ&A-
プレゼント返還を迫られた
相手の配偶者から暴力
不倫相手が未成年
夫婦同居の義務
愛人契約でもらった車の返還
離婚に迷ったまま慰謝料請求
慰謝料請求の上限はない?
 -浮気調査-
浮気調査について
婚約破棄の慰謝料請求
婚約とは(婚約成立の要件)
婚約破棄とは(正当理由)
損害賠償・慰謝料請求
婚約破棄の慰謝料請求相手
 -婚約破棄のQ&A-
婚約破棄後の妊娠中絶出産
プレゼントの返還要求
無収入の相手へ慰謝料請求
婚約破棄時に結納は返す?
同棲・内縁関係のトラブル
内縁関係とは
重婚的内縁関係
内縁の不倫浮気慰謝料請求
内縁解消後の親権
未婚かつ未成年者の親権
 -内縁・同棲のQ&A-
別れた内縁相手に請求
不妊なのに中絶費用請求された
同棲解消の慰謝料請求
内縁解消と離婚の違い
離婚の知識
離婚の種類(協議・調停・裁判)
離婚届の不受理申出
離婚理由になる浮気(継続反復)
有責配偶者からの離婚請求要件
有責配偶者からの離婚判例
親権・監護権・面接交渉権
養育費
財産分与
離婚後の戸籍・姓、子供の戸籍
  -離婚後の請求-
離婚後の慰謝料追加請求
離婚後の財産分与
離婚による年金分割
  -裁判所の利用-
離婚調停の手続き
離婚裁判の手続き
  -離婚と税金-
慰謝料・財産分与の税金
持ち家譲渡の特別控除
所得控除(寡婦控除)
 -離婚のQ&A-
離婚のQ&A
不妊が理由の離婚慰謝料
離婚後に元夫の姓名乗れる?
結婚・婚姻とは
法律上の夫婦になる要件
結婚の法律上の効果
未成年者の結婚
結婚の取り消し・無効
外国人との結婚
  -夫婦間のトラブル-
夫婦間の約束(契約)
夫または妻の借金
  -結婚・婚姻のQ&A-
戸籍で結婚離婚暦はわかる?
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
  不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 婚約破棄の慰謝料請求 > 婚約破棄の損害賠償請求・慰謝料請求

婚約破棄の損害賠償請求・慰謝料請求

不当な婚約破棄によって請求できるものは、結婚準備のために支出した諸経費などの物質的損害と、破棄されたことによる精神的な損害に対する賠償(慰謝料)です。

  1. 損害賠償請求・慰謝料請求ができる条件
  2. 婚約破棄の(物質的)損害賠償請求
  3. 婚約破棄の(精神的)慰謝料請求
  4. 婚約破棄の慰謝料請求・損害賠償請求の手続き手順

婚約破棄の損害賠償請求・慰謝料請求できる条件

結婚は当事者の自発的な意思に基づいて行われるものであって、結婚の意思のないものを法律によって無理矢理結婚させることはできません。

婚約破棄による法律上の責任追及とは、婚約破棄により被った物的損害、精神的損害の賠償を請求することによって行われます。

婚約破棄の損害賠償請求が出来るには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 婚約が成立していること
  2. 相手からの婚約破棄に正当事由がないこと、又は、自分に婚約を破棄する正当事由があること

上記両方の条件が揃っている場合に、婚約破棄の損害賠償請求と慰謝料請求が可能となります。

今すぐ相談 このページの上へ

婚約破棄の(物質的)損害賠償請求

不当な理由の婚約破棄によって損害を被った物質的・金銭的損害について損害賠償請求をすることができます。

  • 婚礼衣装などの購入費
  • 結婚式場や新婚旅行の申込金やキャンセル料
  • 婚約パーティーの費用
  • 仲人への謝礼
  • 新居の準備費用
  • 新居の解約違約金
  • 結婚のために辞めた仕事において、辞めなければ得られたであろう給与
  • 破棄されたことによるショックで病気になってしまった場合の病院代
  • 結納金 (>>婚約破棄時の結納金返還について
 

今すぐ相談 このページの上へ

婚約破棄の(精神的)慰謝料請求

慰謝料というのは精神的損害に対する賠償です。精神的損害というのは、物質的損害のように目に見える損害ではありませんので、どれだけ精神的ダメージを受けたのかは他人にはわかりません。

よく「慰謝料の相場は?」と聞かれますが、相場は有って無いようなものです。当人同士が納得した金額で話がまとまれば、それが慰謝料の額になります。

当事者間で話がまとまらない場合は、最終的に裁判所の判断に委ねることになります。

その場合は、個々の状況によって慰謝料の額が変わってきますので一概に言うことはできません。

婚約期間の長さ、婚約破棄の時期、婚約者の年齢、社会的地位、経歴、資産、婚約解消の原因などあらゆる事情を考慮して決定します。

過去の判例等から一般的な慰謝料の額を見ると、50〜200万円ぐらいが多いです。

いくら相場がないからといって、20代そこそこのサラリーマンに何千万円もの慰謝料を請求しても、到底合意するとは思えないですし、実際に払えないはずですから、そうなると法廷闘争になってしまいます。

法廷闘争となると、裁判費用や弁護士費用などもかかってきますし、状況をいろいろ考慮した上で額が決められてしまいますので、実際の請求よりも少なくなることがあります。

ですから、協議で話がまとまるように、上記の一般的な慰謝料の額ぐらいを目安として、あとは相手の資産や収入を加味して、無理をすれば払えるぐらいの額を請求するのが妥当といえるでしょう。

今すぐ相談 このページの上へ

婚約破棄の慰謝料請求・損害賠償請求の手続き手順

手続きの具体的順序

  1. 話合いができる状況であれば、お互いで話合う
  2. 話し合いができない、もしくは、資力がなく分割で結納返還・慰謝料の支払いをするような場合は、そのやりとりを証明するためにも内容証明で請求事項をまとめて請求。
  3. 内容証明など私的なやりとりで合意に至らない場合は家庭裁判所へ調停申立
  4. 調停でも解決しない場合は訴訟(裁判)を行う
  5. 合意内容を作成

このように、順序だてて手続きを行っていきます。

感情的になってしまうこともあるかと思いますが、すでに婚約破棄が撤回されないものであるのなら、冷静になって「処理をする」という意識で進めていきましょう。

また、どうしても謝罪して欲しい場合もあると思いますので、そのときは、謝罪文なども要求してもよいと思います。

今すぐ相談 このページの上へ









不倫・浮気の慰謝料請求ホーム | 損害賠償請求・慰謝料請求の基礎 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
不倫浮気慰謝料請求トラブル 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫浮気慰謝料請求トラブル 高田行政書士事務所案内 お客様の声 よくある質問 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫・浮気慰謝料請求ホーム