不倫・浮気・離婚・婚約破棄・セクハラの慰謝料請求は内容証明郵便で解決!
 

男女の慰謝料請求サイト >婚約破棄の慰謝料請求 >婚約破棄とは

婚約破棄とは

法律には、婚約についての規定がありません。ですから、ふたりが結婚の約束をすれば、それで婚約が成立します。

婚約破棄とは
婚約破棄の正当な理由として認められるもの
婚約破棄の正当な理由として認められないもの

 


婚約破棄とは

婚約破棄とは

結婚を約束したけれど、何らかの事情で結婚を取りやめてしまうことを婚約破棄といいます。

婚約後に、正当な理由もなく一方的に破棄をした場合には、法律上の責任を追及されることになります。

慰謝料請求が認められるのは不当に婚約破棄したときだけ

婚約が成立した以上は、当事者はこの約束を誠実に履行しなければならない法律上の義務が生じます

しかし、結婚とは男女双方の自由な意思に基づかなければなりませんので、当事者の一方が結婚の意思がなくなった場合には、結婚を強制することはできません

婚約を不当に破棄した相手に対して、慰謝料やその他の損害賠償を請求することによって、金銭的に解決をすることになります。

もっとも、慰謝料の請求が認められるのは、相手方が婚約を不当に破棄した場合であり、相手方に正当な理由がある場合には請求することはできません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


婚約破棄の正当な理由として認められるもの

婚約破棄の正当な理由として認められるもの

  • 相手方に不貞な行為があった場合
  • 相手方から虐待や侮辱を受けた場合
  • 相手方の社会常識を逸脱した言動
  • 相手が回復困難な精神病、もしくは事故や災害などで重度の身体障害者になった場合
  • 相手が性的不能者になってしまった場合
  • 相手が失業や倒産により、収入が極端に減ってしまった場合
  • 相手が極度に性格的に冷淡である場合
  • 相手が異常なほど金銭に細かい場合
  • 相手に悪質な前科があり、結婚生活に不安を感じた場合
  • 相手が生活上重大な嘘をついていた場合(学歴や職業の詐称、多額の借金等)
  • 双方の合意の上での婚約解消

などです

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


婚約破棄の正当な理由として認められないもの

婚約破棄の正当な理由として認められないもの

  • 占い等で相性や方位、年回りが悪かった
  • 家風に合わない
  • 親や親族の反対にあっている
  • 性格的に合わない

以上のような理由は、婚約破棄の正当理由として認められず、慰謝料請求に応じなければなりません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

 

 
   

慰謝料とは
 
   
   
   
   

不倫浮気の慰謝料請求
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

婚約破棄慰謝料請求
   
 
   
   
   
   
   
   
   

内縁、同棲関係
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

離婚
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

結婚、婚姻
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

セクハラパワハラ慰謝料
   
   
   
   
   
   

   

   
   

   

『なにがなんでも!内容証明研究会』

(マガジンID:0000096354)

-> バックナンバー一覧

まぐまぐ で発行しています...


内容証明研究会
労働基準法の解説 労働どっとネット
クーリングオフ代行 解約どっとネット
慰謝料請求・不倫浮気セクハラ 慰謝料請求・不倫浮気セクハラ 慰謝料請求・不倫浮気セクハラ