不倫・浮気・離婚・婚約破棄・セクハラの慰謝料請求は内容証明郵便で解決!
 

男女の慰謝料請求サイト > 慰謝料と損害賠償 

慰謝料と損害賠償

慰謝料請求とは?損害賠償請求とは? その言葉の違いと、根拠条文を紹介します。

その1 慰謝料請求とは?
その2 損害賠償請求とは?
その3 時効

 


その1 慰謝料請求とは?

慰謝料とは?

慰謝料とは、「精神的苦痛に対する損害賠償」、つまり、加害者のせいで受けた精神的苦痛に対して加害者が被害者に支払うべきお金の事です。

例えば、、、

あなたに夫がいたとします。そして、その夫に妻(つまり皆さんです)がいると知りながら不貞行為に及んだ不倫・浮気相手がいる場合、あなたはその不倫・浮気相手のせいで、きっと精神的苦痛を受ける事でしょう。

あなたはこの不倫・浮気相手に対して何か償いをさせたいと感じるはずです。

しかし、ひとたび受けた精神的苦痛を回復させる事はとても困難です。謝ってもらえればまだいいのですが、それもなかなか望めませんし、それに実際、心からの謝罪なのかどうかも良くわかりません。又、ちょっとでもいいから不倫・浮気相手をとっちめてやりたいと思う場合もあるはずです(この感情は表に出さないように心の中にしまっておきましょう)。そこで、この精神的苦痛に対する償いについてはお金を払わせる事で手を打とうじゃないか、というこの「お金」が慰謝料であり、これを請求する事が慰謝料請求なのです。

妥当な慰謝料額とは?  いつまで請求できる?(時効)

根拠条文

慰謝料請求について民法は710条・709条で、不法行為による損害賠償責任は「財産以外の損害」(つまり精神的苦痛です)にも及ぶと規定しており、これが根拠条文となります。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


その2 損害賠償請求とは?

損害賠償請求とは?

一般的に言われている「損害賠償請求」というのは、実際に損害を受けた財産・金銭に対して、その損害額を弁償してもらうためにするものです。ですので、実際に被害を受けて損害をこうむった金額をきちんと計算することが必要です。

根拠条文

民法は710条・709条で、不法行為による損害賠償責任について規定しており、これが根拠条文となります

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


その3 時効は?

不倫・浮気など慰謝料請求の時効は?

浮気や不倫など慰謝料請求は、その根拠は民法の不法行為です。ですので、被害者がその事実を知ったときから3年(行為があったときから20年)が、時効になります。

慰謝料請求の時効

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

 

 
   

慰謝料とは
 
   
   
   
   

不倫浮気の慰謝料請求
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

婚約破棄慰謝料請求
   
   
   
   
   
   
   
   
   

内縁、同棲関係
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

離婚
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

結婚、婚姻
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

セクハラパワハラ慰謝料
   
   
   
   
   
   

   

   
   

   

『なにがなんでも!内容証明研究会』

(マガジンID:0000096354)

-> バックナンバー一覧

まぐまぐ で発行しています...


内容証明研究会
労働基準法の解説 労働どっとネット
クーリングオフ代行 解約どっとネット
慰謝料請求・不倫浮気セクハラ 慰謝料請求・不倫浮気セクハラ 慰謝料請求・不倫浮気セクハラ