不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求、内縁関係や離婚の知識も。無料メール相談  行政書士高田事務所・内容証明研究会
不倫・浮気の慰謝料請求
不倫・浮気・婚約破棄などの慰謝料請求無料相談
不貞行為、同棲、内縁関係、離婚についての知識も
  
今すぐ、慰謝料請求相談
メール無料相談
メール有料相談
電話相談(有料)
面談相談(有料)
慰謝料請求とは
慰謝料と損害賠償
慰謝料額の決定と相場
慰謝料請求の時効
慰謝料請求の方法・手順
慰謝料請求をされた場合
不倫・浮気の慰謝料請求
不貞行為(不倫・浮気)とは
不貞行為(不倫・浮気)の証拠
浮気慰謝料請求が可能な要件
不倫・浮気の慰謝料相場
共同不法行為としての慰謝料
ダブル不倫の慰謝料
風俗・援助交際浮気慰謝料
不倫浮気の慰謝料裁判例
不倫浮気慰謝料請求時効
不倫・浮気慰謝料請求Q&A
 -慰謝料請求をされた場合-
慰謝料請求されたら確認
慰謝料を払う場合
脅迫もされている場合
 -不倫・浮気のQ&A-
プレゼント返還を迫られた
相手の配偶者から暴力
不倫相手が未成年
夫婦同居の義務
愛人契約でもらった車の返還
離婚に迷ったまま慰謝料請求
慰謝料請求の上限はない?
 -浮気調査-
浮気調査について
婚約破棄の慰謝料請求
婚約とは(婚約成立の要件)
婚約破棄とは(正当理由)
損害賠償・慰謝料請求
婚約破棄の慰謝料請求相手
 -婚約破棄のQ&A-
婚約破棄後の妊娠中絶出産
プレゼントの返還要求
無収入の相手へ慰謝料請求
婚約破棄時に結納は返す?
同棲・内縁関係のトラブル
内縁関係とは
重婚的内縁関係
内縁の不倫浮気慰謝料請求
内縁解消後の親権
未婚かつ未成年者の親権
 -内縁・同棲のQ&A-
別れた内縁相手に請求
不妊なのに中絶費用請求された
同棲解消の慰謝料請求
内縁解消と離婚の違い
離婚の知識
離婚の種類(協議・調停・裁判)
離婚届の不受理申出
離婚理由になる浮気(継続反復)
有責配偶者からの離婚請求要件
有責配偶者からの離婚判例
親権・監護権・面接交渉権
養育費
財産分与
離婚後の戸籍・姓、子供の戸籍
  -離婚後の請求-
離婚後の慰謝料追加請求
離婚後の財産分与
離婚による年金分割
  -裁判所の利用-
離婚調停の手続き
離婚裁判の手続き
  -離婚と税金-
慰謝料・財産分与の税金
持ち家譲渡の特別控除
所得控除(寡婦控除)
 -離婚のQ&A-
離婚のQ&A
不妊が理由の離婚慰謝料
離婚後に元夫の姓名乗れる?
結婚・婚姻とは
法律上の夫婦になる要件
結婚の法律上の効果
未成年者の結婚
結婚の取り消し・無効
外国人との結婚
  -夫婦間のトラブル-
夫婦間の約束(契約)
夫または妻の借金
  -結婚・婚姻のQ&A-
戸籍で結婚離婚暦はわかる?
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
  不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 離婚の知識 > 有責配偶者からの離婚請求は可能

有責配偶者からの離婚請求は可能

  1. 有責配偶者からの離婚
  2. 有責配偶者からの離婚を認める条件(判例)
  3. よくあるケース

有責配偶者からの離婚

婚姻関係が破綻した原因を作った者を有責配偶者といいます。「破綻した原因」とは、民法が定める離婚原因のことです。

原則的には、有責配偶者からの離婚請求は認められていません。

昭和27年2月1日の最高裁で、夫が勝手に情婦を持ち、妻を追い出すという離婚請求が認められるならば、妻は全く踏んだり蹴ったりであり、法はかくのごとき不徳義勝手気侭を許すものではないとして、有責配偶者からの離婚請求を棄却するという判決が出て以降、この判例は守られてきました。

しかし、昭和62年9月2日に、有責配偶者からの離婚請求であっても、一定の要件を満たせば認める判決が最高裁によって出されることによって、判例が変更されました。

これによって、それまで有責配偶者からの離婚請求が全く認められていなかったものが、事情によっては認めることもあるというようになってきました。

今すぐ相談 このページの上へ

有責配偶者からの離婚を認める条件(判例)

昭和62年の最高裁で有責配偶者からの離婚請求を認める判決が出ました。

有責配偶者から離婚請求するための3つの要件

  1. 夫婦の別居が、当事者の年齢及び同居期間との対比において相当長期間に及んでいること

    裁判所は「夫婦の年齢、同居期間と別居期間の対比が判断基準となる」としており、夫婦の別居が両当事者の年齢及び同居期間との対比において相当の長期間に及んでいることとしました。

    最初に判例が出されたときは、別居期間が35年という長期間でしたが、最近では6年という短い期間で認められた例もあります。

  2. 夫婦間に未成熟の子がないこと

    一般的には20歳に満たない子を言いますが、既に働いていたり結婚していたりしている場合には未成熟の子とはなりません。

    反対に20歳以上でも学生であったり障害があったりするなどの場合で親の扶養が不可欠の場合には未成熟の子として扱われる場合があります。

    平成6年2月8日の最高裁の判決では、高校2年生の子供がいましたが14年という別居期間から有責配偶者からの離婚請求を認めました。

  3. 妻が離婚により精神的・社会的・経済的にきわめて過酷な状況に置かれる等離婚請求を認容することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情がないこと

    相手方配偶者が離婚により精神的、社会的、経済的に極めて苛酷な状況におかれる等、離婚請求を認容することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情が認められないこと。

    過酷状態とは、主に経済状態をみることが多いようです。何らかの事情で働くことができないなど、離婚によって生計が成り立たなくなる状態をいいます。

    ただし、慰謝料をもって解決できることも多いため、この要件を重要視する傾向は減ってきているようです。

以上のように、3つの要件を満たす場合には、例外的に有責配偶者からの離婚請求も認められるとしたのです。

この判決の事案は、夫が妻以外の女性と性的関係を持ち、妻と別居し、女性と生活を始めてから36年経過した後に離婚を請求したというものです。

これによって、有責配偶者からの離婚請求でも相応の事情がある場合には認められるようになってきましたが、あくまで例外的なものであり、原則としてはやはり有責配偶者からの離婚請求は難しいといえます。

また、

@相手方配偶者の有責行為から誘発され夫婦双方とも有責のケース
A有責事由が婚姻関係の破綻後に生じたようなケース

では、普通に、離婚が認められています。

また、最近では、別居期間が3年〜5年程度あれば、責任の如何を問わず、離婚できるような動きも見られます。

今すぐ相談 このページの上へ

よくあるケース

よくあるのは、不倫をした夫が不倫相手と一緒になりたいからと妻に離婚を申し出るパターンです。

これだけでは夫からの離婚請求は認められません。

しかし、夫が不倫に至った経緯によっては認められるケースもあります。

例えば、既に夫婦関係が破綻しており、相当期間の別居の末に不倫をしてしまった場合には、未成熟の子がいないなどの状況にもよりますが離婚が認められる場合もあります。

ただし、単身赴任などではなくあくまでも夫婦関係が破綻した上での別居期間が10年以上あるなど、不倫が夫婦関係の破綻の原因ではないことを証明する必要があります。

では、不倫をしたのは妻が家事や育児をちゃんとやらなかったからだというのはどうでしょうか。家事育児をしないというのは、民法が定める離婚原因ではありませんし、妻一人が行うものでもありません。ですので、これを理由に不倫をした者が離婚請求をすることはできません。

今すぐ相談 このページの上へ









不倫・浮気の慰謝料請求ホーム | 損害賠償請求・慰謝料請求の基礎 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
不倫浮気慰謝料請求トラブル 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫浮気慰謝料請求トラブル 高田行政書士事務所案内 お客様の声 よくある質問 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫・浮気慰謝料請求ホーム