不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求、内縁関係や離婚の知識も。無料メール相談  行政書士高田事務所・内容証明研究会
不倫・浮気の慰謝料請求
不倫・浮気・婚約破棄などの慰謝料請求無料相談
不貞行為、同棲、内縁関係、離婚についての知識も
  
今すぐ、慰謝料請求相談
メール無料相談
メール有料相談
電話相談(有料)
面談相談(有料)
慰謝料請求とは
慰謝料と損害賠償
慰謝料額の決定と相場
慰謝料請求の時効
慰謝料請求の方法・手順
慰謝料請求をされた場合
不倫・浮気の慰謝料請求
不貞行為(不倫・浮気)とは
不貞行為(不倫・浮気)の証拠
浮気慰謝料請求が可能な要件
不倫・浮気の慰謝料相場
共同不法行為としての慰謝料
ダブル不倫の慰謝料
風俗・援助交際浮気慰謝料
不倫浮気の慰謝料裁判例
不倫浮気慰謝料請求時効
不倫・浮気慰謝料請求Q&A
 -慰謝料請求をされた場合-
慰謝料請求されたら確認
慰謝料を払う場合
脅迫もされている場合
 -不倫・浮気のQ&A-
プレゼント返還を迫られた
相手の配偶者から暴力
不倫相手が未成年
夫婦同居の義務
愛人契約でもらった車の返還
離婚に迷ったまま慰謝料請求
慰謝料請求の上限はない?
 -浮気調査-
浮気調査について
婚約破棄の慰謝料請求
婚約とは(婚約成立の要件)
婚約破棄とは(正当理由)
損害賠償・慰謝料請求
婚約破棄の慰謝料請求相手
 -婚約破棄のQ&A-
婚約破棄後の妊娠中絶出産
プレゼントの返還要求
無収入の相手へ慰謝料請求
婚約破棄時に結納は返す?
同棲・内縁関係のトラブル
内縁関係とは
重婚的内縁関係
内縁の不倫浮気慰謝料請求
内縁解消後の親権
未婚かつ未成年者の親権
 -内縁・同棲のQ&A-
別れた内縁相手に請求
不妊なのに中絶費用請求された
同棲解消の慰謝料請求
内縁解消と離婚の違い
離婚の知識
離婚の種類(協議・調停・裁判)
離婚届の不受理申出
離婚理由になる浮気(継続反復)
有責配偶者からの離婚請求要件
有責配偶者からの離婚判例
親権・監護権・面接交渉権
養育費
財産分与
離婚後の戸籍・姓、子供の戸籍
  -離婚後の請求-
離婚後の慰謝料追加請求
離婚後の財産分与
離婚による年金分割
  -裁判所の利用-
離婚調停の手続き
離婚裁判の手続き
  -離婚と税金-
慰謝料・財産分与の税金
持ち家譲渡の特別控除
所得控除(寡婦控除)
 -離婚のQ&A-
離婚のQ&A
不妊が理由の離婚慰謝料
離婚後に元夫の姓名乗れる?
結婚・婚姻とは
法律上の夫婦になる要件
結婚の法律上の効果
未成年者の結婚
結婚の取り消し・無効
外国人との結婚
  -夫婦間のトラブル-
夫婦間の約束(契約)
夫または妻の借金
  -結婚・婚姻のQ&A-
戸籍で結婚離婚暦はわかる?
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
  不倫浮気の慰謝料請求ホーム > 離婚の知識 > 親権・監護権・面接交渉権

親権・監護権、面接交渉権

  1. 親権(財産管理権と監護権)の決定
  2. 親権は父親か母親か
  3. 監護権(子を育てる権利)
  4. 親権決定の要因
  5. 面接交渉権

親権(財産管理権と監護権)の決定

協議離婚において、未成年の子どもがいる場合は、どちらが親権者になるかということを決めて、離婚届に記載して提出しなければなりません。

婚姻中は、夫婦の共同親権ですが、離婚後は一方の親の単独親権となります。

子どもが複数いる場合には、それぞれの子どもごとに、どちらが親権者になるかを決めて、全員の氏名を記載します。

子供が幼い場合には、幼い兄弟を引き離すことが適当ではないとの見解から、親権者を統一するのが原則です。

離婚後に親権者を変更することは可能ですが、親権者を変更するには家庭裁判所の調停が必要になりますし、そう簡単に変更できるものではありません。

子供の生活に大きく関わることですので、納得のいくまで話し合い、当事者間で話がつかないときは調停や裁判に委ねましょう。

今すぐ相談 このページの上へ

父親か母親か

夫婦の協議で決まらない場合は、調停や裁判で決定を仰ぐことになります。

子供が15歳以上であれば子供の意思が尊重されます。また、10歳以上であれば子供の意思も考慮される傾向にあります。

子供が幼い場合、親権者は母親になる場合が多いのですが、これもこれまでの生活状況や離婚後の生活環境、離婚原因など様々な事情を考慮して決定されますので、一概には言えません。

今すぐ相談 このページの上へ

監護権とは

親権とは、子の財産管理権と監護権とから成り立っていますが、親権から監護権を切り離すことができます

監護とは、実際に子供を手元において育てることです。

離婚には双方同意しても、お互いが子供の親権を譲らないために離婚がなかなか成立しないということがよくあります。そのような場合には、親権は譲るが監護権は取るといった方法で話をまとめるということもありますが、子供の氏やその他諸々の問題もありますので、親権者と監護権者を分けるのは、やむを得ない場合に限られます。

ただし、親権も監護権も持たない親でも、子供の扶養義務はあります。また、子の福祉を害しない限り面接交渉権もあります。

監護権者は親権者と違い、離婚届に記載する欄はありません。親権者と監護権者を分ける場合は、効力を生じさせるためには離婚協議書等に記載しなければなりません。

今すぐ相談 このページの上へ

親権決定の要因

資力・財力について

経済的に有利な方が親権を取れるわけではありません。もちろん考慮はされますが、普通に教育を受けられて、生活ができるレベルであれば収入の差で親権が決まるわけではありません。

子育てに足りない分は養育費でカバーします。

有責配偶者かどうか

離婚原因を作ったからといって、親権者になれないわけではありません。離婚と親権はここでは切り離して考えます。要は、その離婚原因によって子供の生活にどう影響するかで判断します。

浮気が原因で離婚するけれども、子供には愛情を注いで育てるのであれば浮気自体は親権に影響はありませんが、浮気をすることで子供をほったらかしにしているような状況であれば親権者としてふさわしくないとみられます。

また、DVなど暴力が原因の場合に、子供にまでその暴力が及ぶ恐れのあるときには、やはり親権者としてはふさわしくないと判断されます。

生活環境はどうなる

祖父母や親戚などが近くにいて、何かあったときにサポートしてくれる体制が整っているというような条件も、親権争いには有利に働きます。

また、離婚前から一緒に生活しているという場合は、子供の環境を変えないことも考慮されますので、有利に働きます。

様々な要件を加味して決定されますが、条件に父親も母親も大差がないときは、親権者は母親になることが多いのが実情です。

今すぐ相談 このページの上へ

面接交渉権とは

離婚して親権者監護者にならなかった親が子供に会うための権利を面接交渉権といいます。

離婚した夫婦はもはや会うことを望まないでしょうが、自分の子供には会いたいというのが普通だと思います。

そこで、離婚の際に、子供への面会はどのようにするのかをきちんと取り決めしておく必要があります。

あらかじめ取り決めしておくべき事柄

  • 回数(月に何日)
  • 場所
  • 連絡方法
  • 宿泊の有無
  • 子供の受け渡し方法
  • 手紙や電話を認めるかどうか

など、後々トラブルにならないように決めておきます

面接交渉を制限するケース

子供の福祉を考えて面接交渉を制限するケースもあります。具体的には、以下のような場合です。

  • 同居時における養育態度が悪い場合
  • 子供への暴力がある場合
  • 子供が面会を望んでいない場合
  • アルコール依存症や薬物依存症の場合
  • 面接後に子供が情緒不安定になる場合

など

今すぐ相談 このページの上へ









不倫・浮気の慰謝料請求ホーム | 損害賠償請求・慰謝料請求の基礎 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
不倫浮気慰謝料請求トラブル 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫浮気慰謝料請求トラブル 高田行政書士事務所案内 お客様の声 よくある質問 不倫浮気慰謝料請求無料相談 不倫・浮気慰謝料請求ホーム