交通事故(自動車事故・自転車事故)の慰謝料請求・損害賠償請求や示談合意は内容証明郵便で  内容証明研究会 行政書士高田事務所
自動車事故トラブル解決
自動車事故に遭ってしまったとき、それが人身事故でも物損事故でも、解決には警察への届出から始まります。
過失相殺や遺失利益、治療費、など損害賠償請求、慰謝料請求の知識、被害者との示談のしかたなど
  
自動車事故の原因・種類
自動車事故の現状
自動車事故の原因
自動車事故を起したとき
人身事故
物損事故
自動車事故示談
示談交渉
示談書とは
示談書の書き方(人身事故)
示談書の書き方(物損事故)
損害賠償請求と慰謝料請求
損害賠償請求
人身事故の慰謝料額基準
人身事故の慰謝料相場
物損事故の慰謝料
相手が保険に加入していないとき
相手が未成年のとき
自動車事故の過失割合
自動車事故の過失割合とは
自動車同士の過失割合
歩行者と自動車の過失割合
自転車と自動車の過失割合
バイクと自動車の過失割合
自動車保険の利用
自動車保険の種類
自動車保険加入時のポイント
無保険者傷害保険
交通違反の点数と罰金
道路交通法違反
交通違反の点数
交通違反の反則金
交通違反の罰金
運転マナーと安全整備
運転前の点検と整備
知っておきたい安全装置
雨の日の運転
雪の日の運転
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  自動車事故ホーム > 自動車事故の原因・種類 > 自動車事故の現状

自動車事故の現状

現在の自動車事故においては、自動車の安全装置の向上(シートベルト・エアバッグ・衝撃吸収ボディなど)や、救急医療の発達によって救命率が上昇したことなどにより、事故による死者は減少傾向にあるようです。

また、事故発生件数及び負傷者数についても、ここ数年連続で減少はしていますが、平成11年に100万人を突破して以来、負傷者数は依然として増加しており厳しい状況が続いています。

傷においては重傷を負うケースが増えていて、後遺症による損害賠償額が億単位を超える判例も少なくなく、今まで以上に、より一層、自動車保険の重要性が増していると考えられます。

今すぐ相談 このページの上へ











自動車事故のトラブル解決ホーム | 自転車事故の慰謝料請求 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
自動車事故 自動車事故無料相談 自動車事故 事務所案内 お客様の声 よくある質問 自動車事故無料相談 自動車事故のトラブル解決ホーム