交通事故(自動車事故・自転車事故)の慰謝料請求・損害賠償請求や示談合意は内容証明郵便で  内容証明研究会 行政書士高田事務所
自動車事故トラブル解決
自動車事故に遭ってしまったとき、それが人身事故でも物損事故でも、解決には警察への届出から始まります。
過失相殺や遺失利益、治療費、など損害賠償請求、慰謝料請求の知識、被害者との示談のしかたなど
  
自動車事故の原因・種類
自動車事故の現状
自動車事故の原因
自動車事故を起したとき
人身事故
物損事故
自動車事故示談
示談交渉
示談書とは
示談書の書き方(人身事故)
示談書の書き方(物損事故)
損害賠償請求と慰謝料請求
損害賠償請求
人身事故の慰謝料額基準
人身事故の慰謝料相場
物損事故の慰謝料
相手が保険に加入していないとき
相手が未成年のとき
自動車事故の過失割合
自動車事故の過失割合とは
自動車同士の過失割合
歩行者と自動車の過失割合
自転車と自動車の過失割合
バイクと自動車の過失割合
自動車保険の利用
自動車保険の種類
自動車保険加入時のポイント
無保険者傷害保険
交通違反の点数と罰金
道路交通法違反
交通違反の点数
交通違反の反則金
交通違反の罰金
運転マナーと安全整備
運転前の点検と整備
知っておきたい安全装置
雨の日の運転
雪の日の運転
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  自動車事故ホーム > 自動車事故の原因・種類 > 自動車事故を起したとき

自動車事故を起したとき

もしもご自分が自動車事故を起こしてしまった場合、いったいどうやって対処したらいいのでしょうか。

常に事故を起こさないように、また、事故に巻き込まれないように注意するのは当たり前ですが、いざと言う時のために事故時の具体的な対処の方法を抑えておきたいものです。

自動車事故時の具体的な対処

1)怪我人の確認

ぶつけてしまった相手方や自分の自動車の同乗者に異常がないかを真っ先に確認します。

そして、負傷を見つけた場合には、すぐに下記のような安全な場所を見つけて移動させます。

○道路以外の広場、空き地など車の通行がない場所

○交差点、カーブ、坂道などは避ける

○救急車などとの連携が容易にできそうな場所

○夜間の場合は、照明などがある場所

なお、意識がない場合、呼吸をしてないような場合には重傷の可能性がありますから、安易に自分で触らず、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

また、いざという時のために応急処置の方法を知っておくことも大切かも知れません。

2)救急車・警察への連絡

自動車事故に大きい小さいもありません。事故が起きたら、とにかく警察を呼びましょう。

同時に、負傷者がいる場合にはすぐに救急車を呼ぶことを忘れてはいけません。

警察、救急車を呼ぶ場合には、できるだけ冷静に、事故の現場、負傷者の人数や負傷の程度などもわかりやす伝えて下さい。

3)事故車の移動

2次的な事故を防ぐため、できれば、事故を起こした自動車を早めに交通の妨げのならないところに移動させて下さい。ただし、あくまでも事故当事者の安全が第一ですから、決して無理なことをする必要はありません。危なそうな場合には、警察が来るまで慌てずに待つことのほうが大切です。

なお、事故の当事者は気が動転しているかも知れませんので、周りの人に助けてもらうことも必要に応じて行ったほうが良いでしょう。

4)事故当事者間の連絡先の確認

相手の運転免許証を確認して、名前、住所、連絡先など、後から連絡するために必要なことを忘れずに聞いておいて下さい。

5)保険会社への連絡

契約している保険会社にはできるだけ早めに連絡を入れます。一定の期間内に保険会社に連絡を入れないと保険が適用されなくなってしまう場合もあります。

6)勤務先への連絡

勤務先など、自動車事故を起こしてしまったことを連絡する必要があると思ったところには、忘れずに連絡するようにして下さい。

今すぐ相談 このページの上へ











自動車事故のトラブル解決ホーム | 自転車事故の慰謝料請求 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
自動車事故 自動車事故無料相談 自動車事故 事務所案内 お客様の声 よくある質問 自動車事故無料相談 自動車事故のトラブル解決ホーム