交通事故(自動車事故・自転車事故)の慰謝料請求・損害賠償請求や示談合意は内容証明郵便で  内容証明研究会 行政書士高田事務所
自動車事故トラブル解決
自動車事故に遭ってしまったとき、それが人身事故でも物損事故でも、解決には警察への届出から始まります。
過失相殺や遺失利益、治療費、など損害賠償請求、慰謝料請求の知識、被害者との示談のしかたなど
  
自動車事故の原因・種類
自動車事故の現状
自動車事故の原因
自動車事故を起したとき
人身事故
物損事故
自動車事故示談
示談交渉
示談書とは
示談書の書き方(人身事故)
示談書の書き方(物損事故)
損害賠償請求と慰謝料請求
損害賠償請求
人身事故の慰謝料額基準
人身事故の慰謝料相場
物損事故の慰謝料
相手が保険に加入していないとき
相手が未成年のとき
自動車事故の過失割合
自動車事故の過失割合とは
自動車同士の過失割合
歩行者と自動車の過失割合
自転車と自動車の過失割合
バイクと自動車の過失割合
自動車保険の利用
自動車保険の種類
自動車保険加入時のポイント
無保険者傷害保険
交通違反の点数と罰金
道路交通法違反
交通違反の点数
交通違反の反則金
交通違反の罰金
運転マナーと安全整備
運転前の点検と整備
知っておきたい安全装置
雨の日の運転
雪の日の運転
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  自動車事故ホーム > 自動車事故の過失割合 > 自動車事故の過失割合とは

自動車事故の過失割合とは

交通事故においては、加害者に一方的な責任があるとは限りません。

事故の状況から被害者側にも事故発生の責任が認められる場合には、公平な負担を図るために加害者と被害者の責任の割合を決めます。このことを交通事故の過失割合と言います。

当然のことながら、過失割合は事故の加害者と被害者の当事者同士が合意できる内容で決定されるわけですが、決着がつかない場合は最終的に裁判で争われ、司法の判断を仰ぐことになります。

この過失割合に応じて最終的な賠償額が決定されるわけですが、その時に問題になるのが過失割合の認定です。

現在では、過去の判例を元に過失割合認定基準が裁判所より発表されていますが、最近では、日弁連交通事故相談センターの過失割合認定基準表がひとつの目安となっているようです。

なお、具体的な個別の事故状況によって過失割合が増減することがありますが、これを修正要素と言い、自動車同士の事故の場合や歩行者がかかわる場合などによって異なります。

過失割合の修正要素-自動車同士の場合

修正要素により10%前後の過失割合が増えますが、個別の事故状況によって適用される修正要素が異なるのは言うまでもありません。

○前方不注意

○15キロ以上の速度違反、30キロ以上の速度違反の2段階

○合図をせず、または合図の遅れ

○赤信号直前の黄色による進行

○見通しが良い場所

○大型車の右折

○相手が2輪車

○右折時徐行せず

○早回り右折、大回り右折、直近右折

○転回禁止場所

○相手が初心者マークを表示

過失割合の修正要素-歩行者が関係する場合

ひとつの修正要素により5〜10%前後で過失割合が前後しますが、個別の事故状況によって適用される修正要素が異なるのは言うまでもありません。

○夜中等の歩行者が歩いていない時間帯

○幹線道路(歩道と車道の区別がある国道や県道で車道幅員14mが通例)

○直前飛び出し(歩行者が駐停車車両の直前、直後を横断すること)

今すぐ相談 このページの上へ











自動車事故のトラブル解決ホーム | 自転車事故の慰謝料請求 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
自動車事故 自動車事故無料相談 自動車事故 事務所案内 お客様の声 よくある質問 自動車事故無料相談 自動車事故のトラブル解決ホーム