交通事故(自動車事故・自転車事故)の慰謝料請求・損害賠償請求や示談合意は内容証明郵便で  内容証明研究会 行政書士高田事務所
自動車事故トラブル解決
自動車事故に遭ってしまったとき、それが人身事故でも物損事故でも、解決には警察への届出から始まります。
過失相殺や遺失利益、治療費、など損害賠償請求、慰謝料請求の知識、被害者との示談のしかたなど
  
自動車事故の原因・種類
自動車事故の現状
自動車事故の原因
自動車事故を起したとき
人身事故
物損事故
自動車事故示談
示談交渉
示談書とは
示談書の書き方(人身事故)
示談書の書き方(物損事故)
損害賠償請求と慰謝料請求
損害賠償請求
人身事故の慰謝料額基準
人身事故の慰謝料相場
物損事故の慰謝料
相手が保険に加入していないとき
相手が未成年のとき
自動車事故の過失割合
自動車事故の過失割合とは
自動車同士の過失割合
歩行者と自動車の過失割合
自転車と自動車の過失割合
バイクと自動車の過失割合
自動車保険の利用
自動車保険の種類
自動車保険加入時のポイント
無保険者傷害保険
交通違反の点数と罰金
道路交通法違反
交通違反の点数
交通違反の反則金
交通違反の罰金
運転マナーと安全整備
運転前の点検と整備
知っておきたい安全装置
雨の日の運転
雪の日の運転
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  自動車事故ホーム > 自動車事故の過失割合 > 自転車と自動車の過失割合

自転車と自動車の過失割合

自転車と自動車の事故の場合の過失割合の例を見てみましょう。ただし、実際の過失割合は個々の事故状況によって異なります。

自転車と自動車の過失割合

信号のある交差点での自動車事故

【青信号で直進してきた自転車と赤信号で直進してきた自動車】

青信号で直進してきた自転車と、赤信号で直進してきた自動車の追突事故の場合の過失割合です。

自転車の過失0に対して、自動車の過失100

【黄信号で直進してきた自転車と赤信号で直進してきた自動車】

黄信号で直進してきた自転車と、赤信号で直進してきた自動車の追突事故の場合の過失割合です。

自転車の過失10に対して、自動車の過失90

【赤信号で直進してきた自転車と赤信号で直進してきた自動車】

赤信号で直進してきた自転車と、黄信号で直進してきた自動車の追突事故の場合の過失割合です。

自転車の過失30に対して、自動車の過失70

【赤信号で直進してきた自転車と青信号で直進してきた自動車】

赤信号で直進してきた自転車と、青信号で直進してきた自動車の追突事故の場合の過失割合です。

自転車の過失80に対して、自動車の過失20

【赤信号で直進してきた自転車と黄信号で直進してきた自動車】

赤信号で直進してきた自転車と、黄信号で直進してきた自動車の追突事故の場合の過失割合です。

自転車の過失60に対して、自動車の過失40

信号のない交差点での自動車事故

【直進してきた自転車と右折してきた自動車】

直進してきた自転車と、右折しようとした自動車との交通事故の場合の過失割合です。

自転車の過失10に対して、自動車の過失90

【右折しようとした自転車と直進してきた自動車】

右折しようとした自転車と、直進してきた自動車との交通事故の場合の過失割合です。

自転車の過失40に対して、自動車の過失60

 

自転車と自動車事故の判例から見た過失割合

ここで、実際に起きた自動車事故の例をもとに過失割合を見てみましょう。

 

【無灯火の自転車の過失割合に関する判例-1】

車両が渋滞している道路の左端を自転車で進行していた被害者(12歳)が、操作を誤って転倒し、折から進行してきた加害車(大型トレーラー)に轢過されて死亡した事故につき、日没後、暗い場所で無灯火で自転車を運転し、その操作を誤って転倒した被害者に、50%の過失相殺を判決しました。(横浜地判S63.2.22交通民21.1.175)

【無灯火の自転車の過失割合に関する判例-2】

信号機のある見通しの悪い交差点において、対面信号が黄色点滅の道路を制限速度を時速20Km超過した速度で進行した普通乗用自動車と、対面信号が赤色点滅の道路を飲酒のうえ無灯火の自転車に乗って進行した被害者との出会いがしらの衝突事故につき、被害者に45%の過失相殺を判決しました。(大阪地判H11.5.25交通民32.3.807)

【二人乗り自転車の過失割合に関する判例-1】

Xが自転車の後部荷台にYを乗せ進行中に、駐車禁止区域の第1車線で、かつ横断歩道から5m以内に駐車中のB車に進行を妨げられたため、B車後部右側50〜60cmのところを通過しようとした際、足を開き気味にしていたYの左膝付近がB車の右側後角部付近に接触し、Yが自転車から転落し、第2車線上に転倒したため第2車線上を走行してきたA車に轢過され死亡した事故につき、安定を欠く自転車の二人乗りをし、不用意な乗車体勢からB車に自らの足をぶつけて転落した結果事故が発生したとして、Yに50%の過失相殺を判決しました。(東京地判S62.12.25交通民20.6.1632)

【交差点での過失割合に関する判例-1】

信号機による交通整理の行なわれている交差点において、自転車横断帯を自転車に搭乗して横断中の被害者に同交差点を自転車の対向方向から右折してきた加害車(事業用普通乗用自動車)が衝突した事故につき、加害車運転者には横断中の自転車を容易に確認できるにもかかわらずこれを怠った著しい前方不注視があるとして、過失相殺は認められませんでした。(名古屋地判H15.11.5交通民36.6.1453)

【交差点での過失割合に関する判例-2】

信号機により交通整理の行なわれている交差点内において、被告車(大型貨物自動車)と道路を横断中の被害者搭乗の自転車との出会いがしらの衝突事故につき、対面の車両用信号の青を確認して交差点内に進入したが中央に至るまでに全赤信号も終了していたから、左側から青信号に基づき進行してきた被告車との衝突の危険を回避すべきであるのに、その前方を突き切ろうとした被害者に、70%の過失相殺を判決した。(東京地判H7.5.16交通民28.3.765)

今すぐ相談 このページの上へ











自動車事故のトラブル解決ホーム | 自転車事故の慰謝料請求 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
自動車事故 自動車事故無料相談 自動車事故 事務所案内 お客様の声 よくある質問 自動車事故無料相談 自動車事故のトラブル解決ホーム