交通事故(自動車事故・自転車事故)の慰謝料請求・損害賠償請求や示談合意は内容証明郵便で  内容証明研究会 行政書士高田事務所
自動車事故トラブル解決
自動車事故に遭ってしまったとき、それが人身事故でも物損事故でも、解決には警察への届出から始まります。
過失相殺や遺失利益、治療費、など損害賠償請求、慰謝料請求の知識、被害者との示談のしかたなど
  
自動車事故の原因・種類
自動車事故の現状
自動車事故の原因
自動車事故を起したとき
人身事故
物損事故
自動車事故示談
示談交渉
示談書とは
示談書の書き方(人身事故)
示談書の書き方(物損事故)
損害賠償請求と慰謝料請求
損害賠償請求
人身事故の慰謝料額基準
人身事故の慰謝料相場
物損事故の慰謝料
相手が保険に加入していないとき
相手が未成年のとき
自動車事故の過失割合
自動車事故の過失割合とは
自動車同士の過失割合
歩行者と自動車の過失割合
自転車と自動車の過失割合
バイクと自動車の過失割合
自動車保険の利用
自動車保険の種類
自動車保険加入時のポイント
無保険者傷害保険
交通違反の点数と罰金
道路交通法違反
交通違反の点数
交通違反の反則金
交通違反の罰金
運転マナーと安全整備
運転前の点検と整備
知っておきたい安全装置
雨の日の運転
雪の日の運転
ブックマーク
お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク
メールマガジン
なにがなんでも!
       内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
  自動車事故ホーム > 自動車事故の損害賠償請求と慰謝料請求 > 相手が保険に加入していないとき

相手が保険に加入していないとき

相手が保険に加入していないとき〜無保険者とのトラブル

自動車の任意保険に加入してないドライバーは結構多いと言われます。

任意保険加入数は、自家用乗用車は8割弱、軽4輪自動車は7割弱で、自賠責保険にも加入していない人もいるのです。

もし自動車事故の被害者になって、相手の加害者がこうした無保険の人だったらいったいどうなるのでしょうか?

保険に加入してない、また、更新期限が切れている場合などは、原則として加害者の保険会社は一円も払いませんから、結局、損害賠償は加害者自身が支払うしかありません。ただ、加害者自身に支払い能力がなければ、もう、どうしよもないのです。

加害者が無保険の場合のひとつの方法としては、作成する示談書に未払いの場合の強制執行条項などを加えておき、加害者が支払いに応じない場合には、相手の給与や財産の差し押さえを行います。ただし、加害者に差し押さえるべき給料や物がある場合の方法です。

もうひとつの方法としては、どちらをどう使うかは保険会社と相談することになりますが、被害者自身が加入している傷害保険や無保険車傷害保険を使うことができます。

 

無保険車傷害保険と言うのは、加害車両に任意保険がかけられていない場合、法律上の損害賠償責任を負担すべき加害者から充分な賠償を受けられない時に支払われる保険です。

このように、自動車事故が起きた場合に、必ず相手(加害者)が保険に加入していて充分な補償をしてくれるとは限りません。自分の身を守れるのは自分自身です。もう一度、現在加入している保険証券の内容を確かめておくことをお勧めします。

今すぐ相談 このページの上へ











自動車事故のトラブル解決ホーム | 自転車事故の慰謝料請求 | 内容証明研究会 | 無料メール相談・お問い合わせ
お客様の声 | よくある質問 | おススメ書籍 | 事務所案内 | プライバシーポリシー | 免責事項
自動車事故 自動車事故無料相談 自動車事故 事務所案内 お客様の声 よくある質問 自動車事故無料相談 自動車事故のトラブル解決ホーム