行政書士高田事務所  
内容証明郵便のことは内容証明研究会

信頼の声
内容証明郵便の基本
時効と債権回収
時効の知識
時効一覧表
債権回収の仕方
少額訴訟
調停
支払督促
強制執行
-自分でできる!-
債務承諾兼分割支払確約書
-メルマガバックナンバー-
給料差押え・養育費
即決和解という選択
行方不明者を探せ!
-新聞提供記事-
50万円を返してほしい
分割でも返てほしい
-オススメ書籍-
債権回収参考書籍
債権回収方法と手続
内容証明と慰謝料請求
内容証明と労働問題
内容証明と悪徳商法
内容証明書と不動産
内容証明と相続問題
交通事故
ペットトラブル
告訴・告発
多重債務
契約解除・損害賠償
民 法
消費者契約法
おすすめ書籍一覧
新聞提供記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd by
まぐまぐ

お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク



高田が共著で執筆しました

内容証明研究会 > 時効の知識 > 時効一覧表

時効一覧表

時効期間を知っておきましょう

その1 消滅時効

貸金について

  • 商人の貸金

  • 返済期日が決まっているものは、その期日から5年
    返済期日が決まっていないものは、貸した日から5年
  • 銀行などからの貸金

  • 貸付金支払日から5年
  • 貸金の利息や遅延損害金

  • 利息は貸付日から5年 遅延損害金は、支払期日から5年
  • 個人間の貸金

  • 返済期日が決まっているものは、その期日から10年
    返済期日が決まっていないものは、貸した日から10年
  • 不当利得返還請求

  • 返還請求権の発生日から10年

商売上の債権

    請求できる日から2年のもの
  • 品物の売掛金
  • 塾や習い事の月謝
    請求できる日から1年のもの
  • 大工、左官、植木等の手間料
  • タクシー、引越トラック代、貨物運送費等
  • 料理店、キャバレー等の飲食代金
  • ホテル等の宿泊代金、飲食代金
  • 機械リース代
  • レンタルサービス

労働債権

  • 労働者(ホステス、パート、アルバイトを含む)の給料請求

  • 給料日から2年
  • 残業代・解雇予告手当てなど

  • 請求できる日から2年
  • 退職金

  • 退職日から5年
  • 会社役員の報酬

  • 請求できる日から5年
  • 不当利得返還請求

  • 返還請求権の発生日から10年
  • 工事請負代金

  • 3年
  • 短期払いの賃金(労基法の適用外賃金)

  • 1年

土地建物賃貸借

  • 家賃・地代

  • 支払期日から5年
  • 敷金・保証金の返還請求

  • 10年

損害賠償請求など

  • 不法行為(交通事故・不倫・傷害・器物破損)

  • 被害者または法定代理人が損害および、加害者を知ったときから3年。不法行為の事実があったときから、20年以内
  • 債務不履行(安全配慮義務)

  • 10年
  • 慰謝料

  • 3年

瑕疵担保責任(損害賠償請求)

  • 請負工事

  • 引渡し・仕事終了時から1年
  • 土地工作物

  • 5年 (瑕疵が原因で滅失した場合は滅失時より1年)
  • 特に強固な土地工作物

  • 10年(瑕疵が原因で滅失した場合は滅失時より1年)

今すぐ相談する!  このページの一番上へ

その2 取得時効

  • 所有権

  • 1.「所有」の意思をもって、占有していること
    2.平穏かつ公正であること(凶暴でなく、占有保持を隠さないこと)

    以上の2点がそろって、20年たつと、、、、自分のものになります!
    更に、占有しはじめたときに、自分に所有権があると思いこんでいて、そう思いこむことに過失がなければ、10年です!
  • 所有権以外

  • 1.「自己のために所有する」の意思をもって、権利を行使すること
    2.平穏かつ公正であること(凶暴でなく、占有保持を隠さないこと)

※留置権に取得時効はありません

今すぐ相談する!  このページの一番上へ

その3 刑事事件の時効

公訴時効

●人を死亡させた場合

  1. 死刑に当たる罪については時効廃止
  2. 無期の懲役又は禁錮に当たる罪については30
  3. 長期20年以上の懲役又は禁錮に当たる罪については20年
  4. 上記の罪以外については10年

●人を死亡させていない場合

  1. 死刑にあたる罪については25年
  2. 無期の懲役又は禁錮にあたる罪については15年
  3. 長期15年以上の懲役又は禁錮にあたる罪については10年
  4. 長期15年未満の懲役又は禁錮にあたる罪については7年
  5. 長期10年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金にあたる罪については5年
  6. 長期5年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金にあたる罪については3年
  7. 拘留又は科料にあたる罪については1年

殺人事件に関する時効はなくなりました。

時効は、犯罪行為が終った時から進行します。 共犯の場合には、最終の行為が終った時から、すべての共犯に対して時効の期間を起算します。

※告訴時効にかんしては、親告罪の場合は犯人を知った日から6ヶ月ですが、強制わいせつ罪などはこの限りではありません。
  >> 告訴・告発のページ 
  >> 警察が動かないときは?その1 その2

今すぐ相談する!  このページの一番上へ

その4 取得時効

所有権の場合

1.「所有」の意思をもって、占有していること
2.平穏かつ公正であること(凶暴でなく、占有保持を隠さないこと)

以上の2点がそろって、20年たつと、自分のものになります。

更に、占有しはじめたときに、自分に所有権があると思いこんでいて、そう思いこむことに過失がなければ、10年です。

今すぐ相談する!  このページの一番上へ

  




高田が共著で執筆しました


ペットトラブル解決
内容証明郵便で解決
債権回収方法と手続
男女の慰謝料請求サイト
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
解約どっとネット
労働基準法解説
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
債務整理4つの方法

事務所概要 | プライバシーポリシー | リンクについて |  ホーム
  Copyrigh(C) 2004-2013 行政書士高田事務所 , All rights reserved.  
無料相談 内容証明研究会 お客さまの声 事務所概要 内容証明研究会 無料相談 無料相談