法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
 -申立て準備-
本人・財産の状況など確認
医師へ診断書・鑑定依頼
 -申立て手続き-
後見開始審判申立
審判申立書類
審判添付書類
家庭裁判所の調査と審理
医師による鑑定
成年後見人の選任
審判前の保全処分
即時抗告・確定・嘱託登記
  =市町村長の申立=
市町村長の申立
 -成年後見人選任後の諸手続き-
『本人』判断能力の変化
保佐人同意権に関する申立
補助人同意権付与の申立
代理権を付与する審判申立
欠員・増員時の成年後見人(保佐人・補助人)選任
成年後見人の辞任申立
成年後見審判の取消し申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 法定後見の準備と申立 > 『本人』判断能力の変化

『本人』判断能力の変化

  1. 後見開始(保佐・補助)の審判相互の調整

1.後見開始(保佐・補助)の審判相互の調整

『本人』の判断能力の変化によって、既に開始されている類型以外のものになった場合、家庭裁判所は、申立権者の申立てに基づき、該当する類型の開始の審判を行うことになります。

つまり、本人の判断能力の変化により、他の類型への移行が必要な場合は、今受けている類型の審判を「原因が止んだとき」として取り消すのではなく、 現在の要件に該当する類型の審判の申立てをすることになります。

  1. 補助開始の審判を受けている者の判断能力が、保佐または後見開始の要件に該当するまでに至った場合
  2. 保佐開始の審判を受けている者の判断能力が、後見開始の要件に該当するまでに至った場合
  3. 保佐開始の審判を受けている者の判断能力が、補助開始の要件に該当するまでに回復した場合
  4. 後見開始の審判を受けている者の判断能力が、保佐または補助開始の要 件に該当するまでに回復した場合

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談