法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
 -申立て準備-
本人・財産の状況など確認
医師へ診断書・鑑定依頼
 -申立て手続き-
後見開始審判申立
審判申立書類
審判添付書類
家庭裁判所の調査と審理
医師による鑑定
成年後見人の選任
審判前の保全処分
即時抗告・確定・嘱託登記
  =市町村長の申立=
市町村長の申立
 -成年後見人選任後の諸手続き-
『本人』判断能力の変化
保佐人同意権に関する申立
補助人同意権付与の申立
代理権を付与する審判申立
欠員・増員時の成年後見人(保佐人・補助人)選任
成年後見人の辞任申立
成年後見審判の取消し申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 法定後見の準備と申立 > 医師による鑑定

鑑定人の確保 | 鑑定の期間・鑑定の費用


医師による鑑定

  1. 鑑定人の確保

1.鑑定の確保

後見及び保佐では、原則として鑑定が必要とされています。補助については、医師の診断書で足りるとされていますが、必要に応じて鑑定が行われることがあります。

家庭裁判所では、必ずしも、精神鑑定を行う医師が確保されてはい ないので、申立人の側で、鑑定人候補者を探すことになるかと思われます。

精神鑑定を引き受ける医師を見つけ出すのに時間がかかることが考えられるので、主治医がいる場合には、申立て前に、精神鑑定を引き受けてくれるかどうかを確認し、引き受けてくれる場合は、その内諾を得ておく必要があります(横浜家庭裁判所では、診断書を作成した医師に対し、申立ての際に、鑑定も依頼できるかどうかを、「診断書附票」によって回答を求めることとしています。)

なお、精神鑑定を行う者については、精神科医によることが望ましいですが、「医師その他適当な者」と規定されていますので、精神科医に限定さ れているわけではありません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談