法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
 -任意後見制度とは-
任意後見制度とは?
任意後見制度の利用方法
任意後見人の条件
任意後見人のしごと
任意後見監督人の選任申立
任意後見監督人のしごと
 -任意後見契約締結にあたって-
必読!締結前に知っておく事
事務委任契約との関係
任意後見契約の文例と解説
死後の事務に関する委任契約の文例と解説
代理権目録サンプル
任意後見契約書の作成
 -任意後見契約の終了・変更-
任意後見人・監督人辞任解任
任意後見契約の内容変更
任意後見契約の解除と終了
任意後見契約解除手続
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 任意後見制度と契約 > 任意後見契約の解除と終了

任意後見契約の解除・任意後見契約の終了 | 任意後見人の代理権消滅の対抗要件・後見等の終了時の善処義務、後見等の終了の対抗要件


任意後見契約の解除と終了

  1. 任意後見契約の解除
  2. 任意後見契約の終了

1.任意後見契約の解除

任意後見監督人選任前であれば、

本人又は任意後見受任者は、いつでも公証人の認証を受けた書面によって解除することができます。

解除の意思表示をした当事者が、公証人の認証を得た解除の書面を相手方に送付した上、解除の意思表示及びその到達を証する書面(配達証明付き内容証明)を添付して申請します

任意後見監督人が選任された後は、

本人又は任意後見受任者は、正当な事由がある場合に限り、家庭裁判所の許可を得て解除することができます。

解除の意思表示及びその到達を証する書面 (配達証明付き内容証明)、許可審判書の謄本、確定証明書を添付して申請します。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.任意後見契約の終了

次の場合、任意後見契約が当然に終了します。

@ 任意後見人の解任
A 法定後見の開始
B 契約当事者の死亡・破産等

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談