法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
 -任意後見制度とは-
任意後見制度とは?
任意後見制度の利用方法
任意後見人の条件
任意後見人のしごと
任意後見監督人の選任申立
任意後見監督人のしごと
 -任意後見契約締結にあたって-
必読!締結前に知っておく事
事務委任契約との関係
任意後見契約の文例と解説
死後の事務に関する委任契約の文例と解説
代理権目録サンプル
任意後見契約書の作成
 -任意後見契約の終了・変更-
任意後見人・監督人辞任解任
任意後見契約の内容変更
任意後見契約の解除と終了
任意後見契約解除手続
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 任意後見制度と契約 > 任意後見人(任意後見受任者)の条件

任意後見人の資格 | 法人による任意後見 | 複数の人による任意後見


任意後見人(任意後見受任者)の条件

  1. 任意後見人の資格

1.任意後見人の資格

任意後見人の資格には制限がありません。『本人』(委任者)が信頼できる人であれば誰でも構いません。法人を任意後見人に選任することも可能ですし、複数の者を任意後見人に選任することも可能です。

以下の場合は、任意後見人になれません。

  1. 未成年者
  2. 家庭裁判所で免ぜられた法定代理人、保佐人、補助人
  3. 破産者
  4. 行方の知れない者
  5. 『本人』に対して訴訟をし、又はした者及びその配偶者並びに直系血族
  6. 不正な行為(財産横領、違法行為など)、著しい不行跡(品行が悪い)その他任意後見人の任務に適しない事由がある者

「不正な行為」とは、違法な行為または社会的に非難されるべき行為を意味し、『本人』の財産を横領したり、私的に流用する(背任)などの財産管理に関する不正のことです。

「著しい不行跡」とは、 品行ないし素行が甚だしく悪いことを意味し、その行状が『本人』の財産管理に危険を生じさせるなど、後見人としての適確性の欠如を推認させる場合のことです。

「その他任務に適しない事由」とは、 成年後見人(保佐人・補助人)の権限の濫用、財産の管理方法が不適当であること、任務の怠慢などのことです。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談