法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
 -任意後見制度とは-
任意後見制度とは?
任意後見制度の利用方法
任意後見人の条件
任意後見人のしごと
任意後見監督人の選任申立
任意後見監督人のしごと
 -任意後見契約締結にあたって-
必読!締結前に知っておく事
事務委任契約との関係
任意後見契約の文例と解説
死後の事務に関する委任契約の文例と解説
代理権目録サンプル
任意後見契約書の作成
 -任意後見契約の終了・変更-
任意後見人・監督人辞任解任
任意後見契約の内容変更
任意後見契約の解除と終了
任意後見契約解除手続
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 任意後見制度と契約 > 任意後見制度とは?

任意後見制度とは? | 任意後見制度の安全性(公正証書・監督人) | 自称専門家による任意後見契約の問題点


任意後見制度とは?

  1. 任意後見制度とは?

1.任意後見制度とは?

任意後見制度は、将来の安心のためにある制度です。

将来、認知症、脳梗塞などを患い、判断能力が低下した場合に備えて、 誰にどのようなこと(財産管理や法律行為の代理等)を手伝ってほしいか、どのようなケア(療養看護等)を受けたいかなど、自分の意思を表明して、信頼できる人に任意後見人になってもらい、契約をしておきます。そして、いざ、判断が自分でできなくなってしまったときには、その後見人に自分の意思どおりにしてもらうことができます。

将来、認知症になってしまったら・・・それが心配!
信頼できる人に万が一の時のことを依頼
信頼できる人と任意後見契約(公正証書)の締結
認知症などの影響により判断能力の低下
任意後見監督人の選任申立
(任意後見人が契約どおりに
後見事務を行っているか監督する人です)
任意後見開始
任意後見契約によって約束し
た手続や財産の管理を行います

『本人』の判断能力が低下した場合、家庭裁判所としては、法定後見制度と任意後見制度のどちらの制度で保護するべきか判断を要する場合も考えられますが、「自己決定の尊重」の観点から、原則として、「任意後見制度による保護」を優先することとされています。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談