法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
成年後見制度の概要
成年後見登記制度とは?
 -よくある質問Q&A-
どの制度を利用したらいい?
任意後見契約は必要か?
親族が後見人になれますか?
月々の費用はどれくらい?
後見人がいない場合は?
申立者がいないときは?
後見人に辞めてもらいたい?
任意後見契約を変更したい
子供のことが心配ですが?
任意後見から法定後見に
 -成年後見制度トラブル事例-
財産使い込み
後見人の怠慢
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 成年後見制度の基本 > 成年後見制度の概要

成年後見制度とは? | 成年後見制度の利用〜法定後見・任意後見 | 法定後見制度と任意後見制度の違い、優先制度 | 成年後見登記制度・成年後見制度の歴史


成年後見制度の概要

  1. 成年後見制度とは?

1.成年後見制度とは?

意思決定が困難な者を保護する制度です。さらに、この制度によって、生命、身体、自由、財産等の権利を擁護することを目指しています。

成年後見が必要な人

精神上の障害などによって判断能力が低下してしまった人

成年後見制度でできること

本人を援助する者を選任することによって

  • 契約の締結
  • 悪徳商法などの契約を取り消す
  • 財産管理
  • 入退院、施設等への入所手続き
  • 本人がやることの同意

など、実際にどの成年後見制度(任意か?法定(後見・保佐・補助)か?)を利用するのかによって、できる範囲が異なりますが、必要に応じて、以上のようなことを信頼できる後見人にしてもらうことができます。利用に当たっては、本人保護のために「何が必要なのか」を十分に検討した上で制度を利用するようにしましょう。未成年者でも、判断能力が低下している場合には、この制度を利用することができます。

任意後見制度や法定後見制度でできることの詳細は、こちらをご覧ください
 保護を受ける『本人』自身が内容を決める場合
    >>任意後見制度でできること
 『本人』に保護を受けさせたい家族や親族が内容検討する場合
    >>法定後見制度でできること

平成12年、成年後見制度(「法定後見制度」と「任意後見制度」)は、高齢社会への対応・知的障害者や精神障害者等の福祉の充実の観点から、「自己決定の尊重」、「残存能力の活用」、「ノーマライゼーション」など新しい理念と、それまでの本人の保護の理念との調和を旨として、柔軟かつ弾力的な利用しやすい制度になりました。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談