法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
成年後見制度の概要
成年後見登記制度とは?
 -よくある質問Q&A-
どの制度を利用したらいい?
任意後見契約は必要か?
親族が後見人になれますか?
月々の費用はどれくらい?
後見人がいない場合は?
申立者がいないときは?
後見人に辞めてもらいたい?
任意後見契約を変更したい
子供のことが心配ですが?
任意後見から法定後見に
 -成年後見制度トラブル事例-
財産使い込み
後見人の怠慢
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 成年後見制度の基本 > 後見人の報酬はどれくらい払う?

後見人になってもらった人にはいくらくらい報酬を払えばいいですか?


質問:後見人になってくれた人に費用を払うということですが、だいたい、月にいくらくらいが相場なのでしょうか?

専門家に後見人をお願いすると、費用がかかるようですが、月々どの程度の費用がかかるのでしょうか?また、それは誰に支払い義務がありますか?

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

答え:一概には言えませんが一般的には2〜3万円程度でしょう

専門家に後見人になってもらうと、後見人等の報酬が発生します。法定後見制度を利用した場合の報酬は、『本人』の財産の状況や後見人等のやった事務内容を考慮して、家庭裁判所が決定します。したがって、一概には申し上げられませんが、2万円前後が平均なのかと思います。

一方、任意後見制度を利用した場合の報酬は、利用する『本人』と受ける者との契約で決定されます。おそらく、3万円から5万円といったところが多いのかと思います。ただ、任意後見契約で注意しなければならないのは、「月々の報酬は3万円だけど、不動産を売却した場合には、売却代金の○パーセント」などというように、不動産仲介業のような報酬規定をもうける者もいますので気を付けてください。また、入院費の支払い等の定期的な事務以外は、別の報酬規定をもうけることも有り得ますので、よく確認することです。さらに、任意後見契約には、必ず任意後見監督人が選任されます。監督人の報酬も支払う必要がありますので、注意が必要です。

報酬は『本人』の財産から支払うことになります。申立をした人や親族などが負担するものではありません。ただし、法定後見制度の申立をする場合の申立費用については、『本人』ではなく、申立をする人が支払うことになります。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談