法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
成年後見制度の概要
成年後見登記制度とは?
 -よくある質問Q&A-
どの制度を利用したらいい?
任意後見契約は必要か?
親族が後見人になれますか?
月々の費用はどれくらい?
後見人がいない場合は?
申立者がいないときは?
後見人に辞めてもらいたい?
任意後見契約を変更したい
子供のことが心配ですが?
任意後見から法定後見に
 -成年後見制度トラブル事例-
財産使い込み
後見人の怠慢
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 成年後見制度の基本 > 適当な後見人がみつかりませんが・・・

適当な後見人がみつかりませんが・・・


質問:後見人になってくれる人を探すことができません。どのように探したらいいでしょうか?

知り合いや親族には後見人に適任だと思える人間がいません。専門家に頼むとしても、いろいろと問題がおきていると聞いていて心配です。どこを経由してお願いすると安心でしょうか?

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

答え:弁護士会や司法書士会へ問い合わせるのがいいでしょう

法定後見制度では、審理が円滑に行われるようにするため、成年後見人等の候補者を立てるようになっていますが、いない場合には、家庭裁判所が適任者を選任することになります。

ただし、本人の状況によっては、家庭裁判所が、成年後見人等をさがすのに時間を要することが考えます。 候補者となってくれる者がみつからない場合は、弁護士会や司法書士会に相談することをお薦めします。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談