法定任意成年後見契約解説・解除
成年後見制度の解説。法定後見と任意後見契約の違い、トラブル事例
成年後見制度の解説。法定後見(後見・保佐・補助)と任意後見契約についての解説
後見契約締結をして安心するのではなく、後見人が本当に信頼できる人だったのか?
不信感が募ったときの対処法なども解説しています
  
成年後見制度トップページ
  
成年後見制度とは?
成年後見制度の概要
成年後見登記制度とは?
 -よくある質問Q&A-
どの制度を利用したらいい?
任意後見契約は必要か?
親族が後見人になれますか?
月々の費用はどれくらい?
後見人がいない場合は?
申立者がいないときは?
後見人に辞めてもらいたい?
任意後見契約を変更したい
子供のことが心配ですが?
任意後見から法定後見に
 -成年後見制度トラブル事例-
財産使い込み
後見人の怠慢
  
法定後見制度とは?
  
法定後見の準備と申立
  
任意後見制度と契約
  
成年後見制度等関連四法
  
関連資料


 成年後見制度解説 > 成年後見制度の基本 > 成年後見制度トラブル事例・後見人の怠慢

成年後見制度トラブル事例
後見人の怠慢


NPO法人といっても、実際には法人後見を拒否し個人が後見人になるという仕組みの法人や、NPO法人といっても実際にはひとりしかいない法人など、成年後見制度に関わるNPO、法人、専門家集団の内情はさまざまです。お願いする団体やその個人のことをよく検討・調査してから後見人になってもらうようにしましょう。

  1. 成年後見人がやる気なし。

1.成年後見人がやる気なし。

遺産分割をしなければならない者の成年後見人となったNPOの理事長が、何を思ったか弁護士を雇い、自分は何もせず、さらには、自分が代理を務める被後見人の取得分すら満足に把握せず、「次回の協議の席には実印と印鑑証明書を持ってきてください。」といって、遺産分割協議を終わらせようとした。

このケースでは、相続人の1人が自分の主張をすると、遺産分割協議を打ち切ってしまうという意味不明の行動をとった。

このように、遺産分割をも知らないで成年後見人を引き受けるような者もいるので、かなり気をつける必要がある。このような者は、自らの利益のみで成年後見人となった者と考えられるので、何の問題が起きようと自ら辞任するというようなことはないので、解任手続をとるしかないが、余計な労力となってしまうので、依頼する際には後見人になる者の資格など十分に調べてからとすべきである。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

4.

今すぐ相談する! | このページの一番上へ




Yahoo!ブックマークに登録

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする

プライバシーポリシー
  
内容証明研究会
  
相続手続き・遺言作成
  
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜





メール無料相談、電話面談相談