行政書士高田事務所  
内容証明郵便のことは内容証明研究会

信頼の声
内容証明郵便の基本
時効と債権回収
内容証明と慰謝料請求
内容証明と労働問題
内容証明と悪徳商法
内容証明書と不動産
内容証明と相続問題
交通事故
-メルマガバックナンバー-
自転車専用レーン
自転車駐輪場確保義務
歩道上の自転車事故
自動車事故の物損
-新聞提供記事-
事故車の損害賠償請求
事故時の健康保険
-オススメ書籍-
交通事故参考書籍
-Q&A-
事故証明がない保険は?
自転車事故トラブル解決
自動車事故トラブル解決
ペットトラブル
告訴・告発
多重債務
契約解除・損害賠償
民 法
消費者契約法
おすすめ書籍一覧
新聞提供記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd by
まぐまぐ

お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク



高田が共著で執筆しました

内容証明研究会 > 内容証明研究会メルマガ一覧 > 第77号 歩道上でおきる自転車事故

歩道上でおきる自転車事故

第77号 歩道上でおきる自転車事故

まず、大前提として、

「自転車は歩道を通行してはいけません!」

しかし、このことを知らない自転車運転者はとても多く、

歩道上で、自転車が優先して走ることができたり、 自転車がきたら、歩行者はよけるべきだ、

と考えている人は多いです。

もちろん、例外として、身体障害者や13歳未満の子供、
70歳以上の高齢者などは通行できますし、

車道を走ることが危険な状況では、上記以外の方でも通行することができます。

こういう交通ルールを知らず、歩道を自転車走行していて、何事もなければいいのですが、

歩行者と衝突してしまったり、ひっかけてしまったりして歩行者に怪我をさせてしまった場合、

原則、『自転車が100%悪い』ことになります。

そして、怪我の度合いによっては、その損害賠償金は、数百万〜数千万円に及ぶことがあります。

歩道でなければ、歩行者の過失割合を計算するなど、賠償金の減額の余地がありますが、

歩道でおきた事故に関しては、

  • 歩行者がよそ見をしていようと、
  • ふらふら左右に揺れながら歩いていたとしても、
  • 建物から突然歩道に出てきたとしても、

100% 自転車が責任をとらなければなりません。

自転車が歩道を走ることは、交通ルール違反だということを知っておいてくださいね。

また、歩道上に限らず、自転車交通ルールを守っていなかった場合、自動車と事故を起こした場合にも過失相殺されてしまいますから、自転車ルールは、ご自身はもちろん、お子様にもしっかりと教えて、事故のないようにしてください。


⇒ 歩道上の自転車通行ルール


⇒ 歩行者との過失割合


⇒ 歩道上の事故判例

今すぐ相談する!  このページの一番上へ

交通事故メルマガ一覧





高田が共著で執筆しました


告訴告発・刑事事件
ペットトラブル解決
債権回収方法と手続
男女の慰謝料請求サイト
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
解約どっとネット
労働基準法解説
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
不動産トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
債務整理4つの方法

事務所概要 | プライバシーポリシー | リンクについて |  ホーム
  Copyrigh(C) 2004-2014 行政書士高田事務所 , All rights reserved.  
無料相談 内容証明研究会 お客さまの声 事務所概要 内容証明研究会 無料相談 無料相談