債務整理4つの方法

債務整理の実際

自分で債務整理の手続きをする  司法書士などの専門家に依頼する  相談窓口

自分で債務整理の手続きをする

債務を整理するには4つの方法(自己破産任意整理個人版民事再生特定調停)があることを述べました。
それでは、具体的に手続きを進めるための方法を考えて見ましょう。

基本的には、自分で手続きをするか、弁護士・司法書士などの専門家に依頼するか・・・いずれかになります。
やはり、それぞれにおいてメリット、デメリットがありますので充分に考えてから行動を起こすようにしましょう。

基本的には、借金・債務の整理はまさしく自分のことですし、専門家に依頼する場合にも、依頼しようとしている専門家の見積金額が妥当かどうか、また、専門家に対しても様々な事前知識を持ってのぞむことができるので、自分で手続きをすることを前提に考えるのがよろしいかも知れません。

メリット

1)手続きの費用が安い
専門家に対する支払が発生しないので、非常に経済的です。

デメリット

1)任意整理は自分でやることは、かなり困難
任意整理で借金・債務を整理しようとする場合、弁護士・司法書士といった専門家が介入しないと業者が応じないため、任意整理はなかなか困難と思われます。

2)時間と手間がかかる
個人で申立を行うには、当然ながら手間がかかりますし、それなりの法律的な知識も必要になってきます。

3)申立てを行うまで、債権者からの督促がとまらない
自己破産、個人版民事再生、特定調停において、申立てを行うまでは債権者からの督促は覚悟しなければなりません。

->債務の整理の方法(1)/自己破産  ->債務の整理の方法(2)任意整理
->債務の整理の方法(3)個人版民事再生  ->債務の整理の方法(4)特定調停