債務整理4つの方法

 債務整理4つの方法トップ  >債務整理4つの方法  >任意整理  >任意整理Q&A

任意整理Q&A<- 債務整理4つの方法

任意整理をすれば、取立が止まりますか?
誰にも知られずに、任意整理の手続をしたいんですが?
あたらしく借入やローンを組むことはできますか?
生活がままならなくなってしまうのでは?
連帯保証人に迷惑がかかりますか?
任意整理で、債務をどのくらい減らせますか?
グレーゾーン金利での借金を3年返済していますが、過払い金は5年以上返済していないと発生しないと聞いたのですが?
過払い金返還請求をしたらブラックリストに載るというのが納得できないのですが?
契約書が残っていないのですが過払い請求はできないのでしょうか?

Q1.
任意整理をすれば、取立が止まりますか?
  任意整理の手続きが実行されると、各債権者に「この事件を受任した」という通知が送られます。債権者は、この通知を受け取った後は、その後の取立は法律で禁じられていますので一切の取立から解放されます。
   
Q2.
誰にも知られずに、任意整理の手続をしたいんですが?
  任意整理は裁判所を利用しない手続ですから、自宅や勤務先に裁判所から通知などの届くことはありません。
   
Q3.
あたらしく借入やローンを組むことはできますか?
  当然ながら、各信用情報機関に事故情報として登録されますので、あらたな借金はできません。
その期間は、信用情報機関登録期間の、あたるおよそ5〜7年となります。
   
Q4.
生活がままならなくなってしまうのでは?
  債権者と交渉して定額の支払いをしていくだけですので、一切そのようなご心配はありません。
   
Q5.
連帯保証人に迷惑がかかりますか?
  任意整理をしても、保証人の債務が減るわけではありません。保証人には事前に事情を伝えておくべきでしょう。
   
Q6.
任意整理で、債務をどのくらい減らせますか?
 

借入期間や借り方などによって異なりますが、 利息制限法を摘要すると、大体20〜30%は債務を減らせることが多いようです。

借入期間が長いほど債務総額を圧縮することができます。場合によっては、債務の残高が0円になる場合もあります。また、逆に払い過ぎている場合もあり、この場合、過払金は、交渉や訴訟によって取り戻すこともできます。

   
Q7.
グレーゾーン金利での借金を3年返済していますが、過払い金は5年以上返済していないと発生しないと聞いたのですが?
 

確かに、グレーゾーン金利で借りていたからといってすぐに過払い金が発生するわけではありません。大体の目安として5年と言われています。

しかし、過払い金が発生していなくても借金の元本が減ることはあります。過払い金が発生していないからといってそのままの金利で返済し続けることはありません。まずは取引履歴を取り寄せて引き直し計算をしてみましょう。

   
Q8.
過払い金返還請求をしたらブラックリストに載るというのが納得できないのですが?
 

過払い金返還請求は本来、貸金業者に多く支払ってしまったお金を取り戻すという正当な行為です。にもかかわらず貸金業者は「債務整理」という事故情報を登録してしまいます。

どうしてもブラックリストに登録されたくない場合、過払い金返還請求をやめるのではなく、和解の際にブラック情報を消す条項を入れる、「ブラック消し依頼書」を貸金業者に送るなどの方法がありますので、貸金業者の「ブラックリストに載りますよ」という脅しに屈しないようにしましょう。

   
Q9.
契約書が残っていないのですが過払い請求はできないのでしょうか?
 

契約書があることが望ましいのですが、長期間にわたる取引の中で紛失してしまうことは珍しいことではありません。そのような場合でも、貸金業者には取引履歴を開示する義務があるので、その取引履歴を元に過払い金の請求をすることが可能です。

しかし、貸金業者の中には全部の取引履歴を開示してこないところもあります。相手が全ての取引履歴を開示しているかどうかをチェックするためにも、最初に借り入れをした時期は覚えておいたほうがいいでしょう。


>任意整理とは  >任意整理の手続  >任意整理の費用  >任意整理のQ&A