債務整理4つの方法

 債務整理4つの方法トップ  >債務整理4つの方法  >任意整理  >任意整理手続きの流れ

任意整理手続きのながれ <- 債務整理4つの方法

任意整理のながれ
過払い金

任意整理のながれ

任意整理は、自己破産や民事再生とは違い、法律で手続きが決まっているわけではありませんし、貸金業者が直接相手になりますので、場合によって交渉の仕方や流れは異なります。 それを理解した上で、基本的な流れを説明します。

@ 交渉先を決めて、過去の取引履歴の全ての開示を求める
弁護士や司法書士などの専門家に依頼した場合、専門家は代理人として受任通知を貸金業者に送付します。それによって、貸金業者は債務者に直接取り立てを行うことができなくなります。

A 利息制限法に基づいて引き直し計算をする
取引履歴が揃ったら、引き直し計算をします。これによって、本来の債務額を確定します。

B 債権者と和解交渉
引き直し計算によって本来の債務額による返済を交渉します。マイナスになれば借金を払いすぎていることになりますので、過払い金の請求をします。


任意整理と過払い金

過払い金とは、本来払う必要のない金利です。過払い金があるとわかった場合、余分に払っている金利は元本に充当され、返済額が減ることになります。元本を上回る場合は返還してもらうことができるのです。

任意整理では、過払い金がないか?よく調査して貸金業者と交渉していきます。

>>過払い金返還請求の詳しい解説はこちら!

>任意整理とは  >任意整理の手続  >任意整理の費用  >任意整理のQ&A