相続手続,相続税対策
相続手続,相続税対策,遺産分割協議書,遺言作成,遺留分減殺請求の無料相談
相続人調査から名義変更までの相続手続き、遺言状・遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求
相続開始後にトラブルを避けるための遺言書作成や、遺産分割協議書作成
内容証明での遺留分減殺請求や相続放棄の方法など
相続トップ提供サービス一覧ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール有料電話相談
  
相続基礎知識
 
相続財産
 
遺産分割協議
遺産分割協議とは?
遺留分減殺請求
特別受益
寄与分
 
遺言状の作成


 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 相続・相続税対策・遺言トップ > 遺産分割協議 > 寄与分

寄与分

  1. 寄与分とは?
  2. 寄与分が認められるもの・認められないもの
  3. 寄与分の計算方法
  4. 寄与分と遺贈・遺言書の関係

1.寄与分とは?

被相続人の財産の維持・増加に貢献した相続人がいる場合、法定通りに分割すると不公平になります。

そこで、民法では、このような相続人に遺産分割において、法定相続分によって取得する額を越える遺産を相続できると定めています。

このように、被相続人に寄与をした相続人が得る利益のことを寄与分といいます。 例えば、父親の事業を長男が手助けをして財産を築き上げたのに対し、次男が家を出てサラリーマンになっているような場合です。

なお、寄与分を主張できるのは、相続人に限られます

寄与分の主張ができない場合

  • どんなに貢献していたとしても、内縁の妻や事実上の養子などは自ら寄与分を主張することはできません
  • 認知症の被相続人の介護を長男の妻が10年以上行っていたとしても、相続人ではないので寄与分は主張できません
  • 相続放棄した者、相続欠格者及び廃除された者も寄与分を主張する資格はありません 。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.寄与分が認められるもの・認められないもの

  • 寄与分が認められるもの
    • 被相続人の商売への無給的労務の提供
    • 財産上の支払い
    • 被相続人への献身的療養看護
  • 寄与分が認められないもの
    • 通常の家事労働
    • 親や配偶者の通常看護

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.寄与分がある場合の相続分の計算

寄与分は、まず相続人全員の話し合いによって決めます。話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所へ審判の申立てをします。

相続財産の総額から寄与分を差し引き、残額を法定相続分の割合で各相続人に分配します。寄与者は、その配分額に寄与分をプラスして受け取ります

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

4.寄与分と遺贈・遺言書の関係

寄与分は、被相続人が残した遺言書の指定相続分に優先しますが、遺言書に遺贈があった場合は、遺贈が寄与分に優先することとなります。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


メール相談
【全国対応】

相続手続き対応エリア
【北海道】
旭川市内、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、鷹栖町、当麻町

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする
サイト内検索

行政書士黒川事務所

  

事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー

  

内容証明研究会
成年後見制度
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜



  

企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート





無料メール相談・電話面談相談