相続手続,相続税対策
相続手続,相続税対策,遺産分割協議書,遺言作成,遺留分減殺請求の無料相談
相続人調査から名義変更までの相続手続き、遺言状・遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求
相続開始後にトラブルを避けるための遺言書作成や、遺産分割協議書作成
内容証明での遺留分減殺請求や相続放棄の方法など
相続トップ提供サービス一覧ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール有料電話相談
  
相続基礎知識
 
相続財産
 
遺産分割協議
 
遺言状の作成
遺言状の種類
公正証書遺言
秘密証書遺言
自筆証書遺言
遺言状を作成できる人の要件
遺言状で遺言できる内容
遺言内容の撤回・変更
遺言内容の実現


 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 相続・相続税対策・遺言トップ > 遺言状の作成 > 公正証書遺言

公正証書遺言

  1. 公正証書遺言とは
  2. 公正証書遺言の長所と短所
  3. 公証人費用

1.公正証書遺言とは

一番確実で問題がおきにくいとされている、遺言書です。

公証人役場で、2人以上の証人が立ちあい、遺言者が、遺言を口述し、公証人が筆記して作成します。その後、その全文を公証人が、遺言書を読み聞かせ、確認し、間違いがなければ、各自、署名・押印します。

もちろん、原案は事前に考え、公証役場で確認をしてもらって準備をします。作成した遺言書は公証役場でも保管してもらえます。

公正証書遺言書は、相続発生時に、裁判所の検認は不要ですから、手間がかかりません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.公正証書遺言の長所と短所

  • 長所
    紛失・改ざんのおそれがない。
    遺言内容を争われたり、無効とされることが、ほとんどない。
    字の書けない人でも作成できる
    裁判所の検認が不要
  • 短所
    費用がかかる(相続人の数、財産によって変化する)
    作成手続が面倒
    遺言内容を秘密にできない

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.公証人費用

公正証書遺言を作成するには、公証人に以下のような所定の手数料を支払います。

遺産の価額 手数料 遺産の価額 手数料
〜 100万 1万6千円 〜 200万 1万8千円
〜 500万 2万2千円 〜 1000万 2万8千円
〜 3000万 3万8千円 〜 5000万 4万円
〜 1億 5万4千円 . .

1億円 〜 も料金は加算されます。受遺者の数ごとに手数料がかかったり、遺産の価額の評価の仕方など、具体的な料金は依頼先の公証人に確認するようにして下さい。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


メール相談
【全国対応】

相続手続き対応エリア
【北海道】
旭川市内、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、鷹栖町、当麻町

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする
サイト内検索

行政書士黒川事務所

  

事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー

  

内容証明研究会
成年後見制度
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜



  

企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート





無料メール相談・電話面談相談