相続手続,相続税対策
相続手続,相続税対策,遺産分割協議書,遺言作成,遺留分減殺請求の無料相談
相続人調査から名義変更までの相続手続き、遺言状・遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求
相続開始後にトラブルを避けるための遺言書作成や、遺産分割協議書作成
内容証明での遺留分減殺請求や相続放棄の方法など
相続トップ提供サービス一覧ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール有料電話相談
  
相続基礎知識
 -相続とは?-
相続とは?
法定相続人と法定相続割合
代襲相続
 -相続人-
未出生の子・内縁の妻(夫)
非嫡出子
相続欠格
相続人廃除
相続人が行方不明
 -相続放棄と限定承認-
相続放棄
相続財産の限定承認
 
相続財産
 
遺産分割協議
 
遺言状の作成


 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 相続・相続税対策・遺言トップ > 相続の基礎知識 > 代襲相続

代襲相続

  1. 代襲相続とは?
  2. 代襲者になれる人
  3. 代襲相続人と遺留分

1.代襲相続とは?

相続人が相続の開始以前に死亡したり、相続欠格相続人廃除によって、相続権を失ったりした場合に、その直系卑属(子、孫)が相続するというものです。

相続放棄をした場合の直系卑属は代襲相続しません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.代襲者になれる人

  • 相続人の子(被相続人(亡くなった人)から見て孫)
    例)子供が既に亡くなっているいる場合に、その子供の子供(孫)が代襲相続します。
    ※ 孫、曾孫(ひまご)、玄孫(やしゃご)と続きます 。
  • 被相続人の兄弟姉妹の子(被相続人から見て甥や姪)
    例)被相続人(亡くなった人)に子供も親もすでにいない場合に、兄弟姉妹も亡くなっていたら、兄弟姉妹の子供である甥、姪が相続します。
    ※ この場合、甥、姪までで、甥や姪の子は代襲相続できません

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.代襲相続人と遺留分

代襲相続人には遺留分はありません。そのため、遺留分減殺請求権もありません。
   >>遺留分とは

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


メール相談
【全国対応】

相続手続き対応エリア
【北海道】
旭川市内、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、鷹栖町、当麻町

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする
サイト内検索

行政書士黒川事務所

  

事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー

  

内容証明研究会
成年後見制度
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜



  

企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート





無料メール相談・電話面談相談