相続手続,相続税対策
相続手続,相続税対策,遺産分割協議書,遺言作成,遺留分減殺請求の無料相談
相続人調査から名義変更までの相続手続き、遺言状・遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求
相続開始後にトラブルを避けるための遺言書作成や、遺産分割協議書作成
内容証明での遺留分減殺請求や相続放棄の方法など
相続トップ提供サービス一覧ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール有料電話相談
  
相続基礎知識
 -相続とは?-
相続とは?
法定相続人と法定相続割合
代襲相続
 -相続人-
未出生の子・内縁の妻(夫)
非嫡出子
相続欠格
相続人廃除
相続人が行方不明
 -相続放棄と限定承認-
相続放棄
相続財産の限定承認
 
相続財産
 
遺産分割協議
 
遺言状の作成


 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 相続・相続税対策・遺言トップ > 相続の基礎知識 > 未出生の子・内縁の妻(夫)

未出生の子・内縁の妻(夫)

  1. 妊娠中の相続
  2. 内縁関係者の相続

1.妊娠中の相続

妊娠中に夫が死亡した場合、お腹の赤ちゃんにも相続権はあります。

民法では、権利能力の開始時期を出生と同時と定めています。しかし、相続に関しては例外で、胎児に権利能力があるとしています。もっとも、この例外は生きて産まれてくることが前提となっているため、流産や死産の場合は遡ってこの権利は消滅します。

ただし、生きて産まれて数時間後に死亡した場合などには相続権は発生したものとみなされます。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.内縁関係者の相続

内縁の夫が死亡した場合、内縁の妻に相続権は、条件によって認められ始めています。

以前は、戸籍上で、血縁関係や婚姻関係を認められていなければ相続権はありませんでした。

ですから、遺言が無い場合は、まず、相続人にはなれませんでした。そして、法定相続人がいない場合にのみ、特別縁故者といって、夫婦同然に生活していた人や肉親のように面倒を見ていた人が、相続人として認められることがあった程度です。

ですが、最近では、内縁者にも、配偶者と同様に相続権が認められ始めてきました。夫婦同然の関係であったのでしたら、家庭裁判所に申立て、承認してもらい、財産分与を受けましょう。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


メール相談
【全国対応】

相続手続き対応エリア
【北海道】
旭川市内、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、鷹栖町、当麻町

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする
サイト内検索

行政書士黒川事務所

  

事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー

  

内容証明研究会
成年後見制度
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜



  

企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート





無料メール相談・電話面談相談