相続手続,相続税対策
相続手続,相続税対策,遺産分割協議書,遺言作成,遺留分減殺請求の無料相談
相続人調査から名義変更までの相続手続き、遺言状・遺産分割協議書の作成、遺留分減殺請求
相続開始後にトラブルを避けるための遺言書作成や、遺産分割協議書作成
内容証明での遺留分減殺請求や相続放棄の方法など
相続トップ提供サービス一覧ご依頼の流れ取材・講演受付無料メール有料電話相談
  
相続基礎知識
 
相続財産
 -相続財産とは-
相続財産とは・具体例
 -どのように扱うか?-
生命保険金の受け取り
死亡退職金の受け取り
保証債務の相続
借地権の承継
 
遺産分割協議
 
遺言状の作成


 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 相続・相続税対策・遺言トップ > 相続財産 > 生命保険金の受け取り

生命保険金の受け取り

  1. 生命保険金の扱い
  2. 相続財産になる場合
  3. 相続財産にならない場合

1.生命保険金の扱い

生命保険金が相続財産になるのかならないのかは、受取人がどのように指定されているかによって変わってきます。 相続財産とならない場合は、相続放棄限定承認した者でも受け取ることができます。

★生命保険金を特別受益とするか、特別受益でないとするか判例は分かれています。

★相続税法上は生命保険金は、「みなし相続財産」として、相続税の課税対象になります

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

2.相続財産になる場合

  • 保険金の受取人が被相続人(死亡した者)の場合
    死亡保険金は、相続財産になるか相続人の固有財産になるのか見解が分かれます。満期保険金は、満期後に被相続人が死亡した場合は、相続財産となります。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ

3.相続財産にならない場合

  • 保険金の受取人を相続人の中の特定の者を指定してある場合
    指定された相続人の固有の権利となり、相続財産にはなりません。
  • 保険金の受取人を「相続人」としてある場合
    相続人の固有の権利となり、相続財産にはなりません。相続人が複数いる場合は法定相続分に分けるか、均等に分けるかになります。保険約款では均等に配分することになっていることが多いようです。
  • 保険金の受取人を指定していない場合
    通常は、保険約款に「被保険者の相続人に支払います」という条項があるので、保険金の受取人を「相続人」としてある場合と同じになります。相続財産にはなりません
  • 第三者が被相続人を被保険者として、受取人を指定しない場合
    保険契約者である第三者が受取人となり、相続財産にはなりません。

今すぐ相談する! | このページの一番上へ


メール相談
【全国対応】

相続手続き対応エリア
【北海道】
旭川市内、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、鷹栖町、当麻町

文字サイズ
文字を大きくする文字を小さくする
サイト内検索

行政書士黒川事務所

  

事務所
ご依頼手続手順
講演依頼受付(講演履歴)
プライバシーポリシー

  

内容証明研究会
成年後見制度
安心を形にする会
自分でできる
〜尊厳死の宣言書申込〜



  

企業経営サポート.com
節税サポート
財務サポート





無料メール相談・電話面談相談