内容証明研究会 > 悪徳商法問題 > クーリングオフ制度と効力

クーリングオフ制度と効力

クーリングオフの制度やその効力を説明します

スポンサーリンク

その1 クーリングオフ制度とは?

『契約』の基本

契約は、いったん成立すると、どちらか一方の都合だけで勝手に解約することは出来ません。

クーリングオフ制度の目的

突然訪問してきた販売員や、突然かかってきた電話で、商品を買うように勧誘され、どうしようか迷ってると、更に巧みなセールストークで勧誘され続けた結果、冷静な判断もできないままに、とっても高い金額でついつい契約してしまった!でも、後から頭を冷やしてよ~く考えてみたら、やっぱりいらない!と思うかもしれません。

 

このような場合のために、消費者を保護する目的で制度化され、一定期間内であれば消費者が販売業者に、書面で一方的に無条件で契約の撤回や解除(返品・解約)することができることになっています。この制度がクーリングオフです。

もともと、業者と消費者の間には、商品・契約に対する知識の格差が大きく、それにも増して、『突然』販売勧誘を始めるなど、消費者のココロの準備が整わないうちに、契約を締結させてしまおうという業者の思惑から逃れることができるように、一定期間熟考できるように設けられています。

クーリングオフ制度は、通常の『契約』では許されない、消費者を保護するための特別な制度なのです。

クーリングオフ妨害

業者の中には「うちは、クーリングオフできません」と言うところもあります。クーリングオフをできるのに「できない」と言った場合は、クーリングオフ妨害として罰則があり、通常のクーリングオフ期間を経過していても、消費者はクーリングオフ主張をすることができる可能性があります。

今すぐ相談する!

その2 クーリングオフの効力

  • 契約は無かったことになる
  • 支払った代金は返金される
  • 販売業者の費用負担で商品は引き取ってもらえる
  • 取り付けなどをしていても、販売業者の費用負担で元に戻してもらえる(原状回復)
  • 損害賠償金や違約金を払わなくてよい

 一定の期間内に書面で行う必要があります。また、販売方法によって、クーリングオフのできる期間が違います。そして「そんな書面きてないよ」なんて言わせないためにも、期間内に書面を出したという証拠を残すことができる内容証明郵便が有効です。

消印有効?!

 期間については、契約書面を受け取った日を1日目でカウントし、8日間なら8日目の消印有効です。通知を発信したときに効力は発生しますので、その期間内に発信すれば、業者に期限後に書面が到着しても大丈夫です。

今すぐ相談する!

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ
スポンサーリンク