内容証明研究会 > 悪徳商法問題 > クーリングオフ制度がない契約

クーリングオフ制度がない契約

クーリングオフを主張できない契約があります。

あてはまったからだめだ・・とあきらめないで下さいね。例外はありますので、クーリングオフできる場合があります。 また、クーリングオフできなくても解約できる可能があります。

クーリングオフできない取引

クーリングオフ制度があるからといっても、すべてが対象となるとは限りません。次のような場合はクーリングオフの対象外となり、消費者契約法等を使って解約することになりますので注意して下さい。

  1. 法定書面を受け取ってから○日間過ぎてしまった
  2. 政令で指定されたクーリングオフの対象商品ない
  3. 健康食品、化粧品等の政令指定消耗品を自分の意思で使用、消費した
    (事業者が消費者に渡した交付書面中に「その商品を使用・消費するとクーリングオフができなくなる」ことが記載されている)
  4. 3000円未満の取引で、全額現金で支払った
  5. 通信販売やインターネット取引である
  6. 個人としてではなく、事業者として契約した
      >>消費者契約として認められる場合がありますので、ご相談ください。
  7. お店まで出向いて契約した
      (キャッチや電話などで呼び出された場合はOKです)
  8. 事業者を自分で自宅などに呼んで購入した

あてはまったからだめだ・・とあきらめないで下さいね。 
上記の場合でも例外はありますので、クーリングオフできる場合があります。 また、クーリングオフできなくても解約できる可能があります。

今すぐ相談する!

特定商取引法ハンドブック (2010/05)
  齋藤 雅弘 (著), 石戸谷 豊 (著), 池本 誠司 (著)
これは、オススメです!ちまた(すごくローカルですが)では「緑の本」と呼ばれていた特定商取引法の必携本の2010年版です。2010年版のカバーの色はブルーです。特定商取引法はよく変更されています
>>その他、消費者保護本


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

内容証明研究会のホーム

相談・お問い合わせ

CategoryMenu

内容証明研究会カテゴリ

内容証明郵便とは

時効一覧

債権回収の方法と手続き

浮気不倫の慰謝料請求

労働問題

悪徳商法解約

賃貸トラブル

不動産トラブル

ペットトラブル

告訴告発・刑事事件

多重債務

契約解除

損害賠償請求

遺言状・相続問題

成年後見制度

尊厳死の宣言書(リビングウィル)

▼法律解説

民 法

消費者契約法

▼おすすめ

おすすめ書籍

新聞提供記事

メルマガ
なにがなんでも!内容証明研究会

バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd byまぐまぐ