損害賠償請求慰謝料請求ホーム > 債務不履行 > 債務不履行による契約解除

債務不履行による契約解除

  1. 債務不履行による契約解除の要件
  2. 契約解除の方法
  3. 契約解除の効果

債務不履行による契約解除の要件

今すぐ相談

債務不履行による契約解除の方法

履行遅滞の場合

債務者が債務を履行しないとき、債権者は相当の期間を定めてその履行をするよう催告を行い、その期間内に履行がないときは契約を解除することができる(解除権の発生)(541条)

定期行為の解除
また、ある定められた時期に債務が履行されないと意味がないような契約の場合(成人式に着る着物など)、履行がなかったら「一方的な意思表示」で契約解除することができます。

履行不能の場合

催告せずに、解除をすることができる(543条)

不完全履行の場合

解除の方法はケースバイケースです。

ひとつの契約で債者が数人いる場合

すべての債務者に対して契約解除の意思表示をしなければなりません。

ひとつの契約で債者が数人いる場合

債権者全員が一致して契約解除の意思表示をしなければなりません。

今すぐ相談

契約解除の効果

債務不履行の要件を満たした契約解除の意思表示によって、契約は初めから「なかったこと」になり、債権者・債務者はそれぞれ原状回復義務を負います。(支払い済みの代金を元に戻す義務(545条)など)

また、一度、「契約解除の意思表示」をしたら、それは撤回できません。

※契約解除をしても、併せて「債務不履行による損害賠償請求」をすることも可能です。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

損害賠償慰謝料請求ホーム

損害賠償・慰謝料の請求カテゴリ

▼損害賠償請求とは

損害賠償請求とは

過失相殺と損益相殺

損害賠償請求の時効

損害賠償請求の方法

損害賠償の保険制度

▼債務不履行とと損害賠償請求

債務不履行とは

債務不履行の損害賠償請求

瑕疵修補請求と危険負担

債務不履行による契約解除

債務不履行の強制履行

▼不法行為と損害賠償請求

不法行為とは

不法行為の損害賠償請求