損害賠償請求慰謝料請求ホーム > 債務不履行 > 債務不履行による損害賠償請求

債務不履行による損害賠償請求

  1. 損害賠償請求の要件
  2. 損害賠償請求の消滅時効
  3. 損害賠償の方法

債務不履行による損害賠償請求の要件

債務不履行を原因とする損害賠償請求をするためには、以下の3つの要件が必要とされます。

  1. 債務不履行の事実があること
    各類型ごとの債務不履行要件はこちらのページ
      >>履行遅滞  >>履行不能  >不完全履行
  2. 債務者に帰責事由があること
    債務者に故意・過失または「信義則、これと同視すべき事由」 のことです。
  3. その債務不履行によって、損害が発生したこと(損害の発生と因果関係)

今すぐ相談

損害賠償請求権の消滅時効

債務不履行による損害賠償請求権の消滅時効は、10年です。
(cf.不法行為による損害賠償請求権の消滅時効は3年)

消滅時効起算点についても、債務不履行の類型や条件によって異なりますのでこちらのページで確認してください
  >>履行遅滞  >>履行不能  >不完全履行

考え方の基本は、「債務の不完全履行による損害賠償請求権の消滅時効は、本来の債務を訴求できる時から進行するとする」というものです。

損害賠償請求の方法

損害賠償は、原則として金銭で行うことになります。例外として、当事者同士が別な方法によって賠償することに合意した場合は、その方法によります。

内容証明郵便などで請求をし、合意書や示談書を作成したり、賠償に応じない場合や合意できない場合などは、裁判などをおこして請求することになります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

損害賠償慰謝料請求ホーム

損害賠償・慰謝料の請求カテゴリ

▼損害賠償請求とは

損害賠償請求とは

過失相殺と損益相殺

損害賠償請求の時効

損害賠償請求の方法

損害賠償の保険制度

▼債務不履行とと損害賠償請求

債務不履行とは

債務不履行の損害賠償請求

瑕疵修補請求と危険負担

債務不履行による契約解除

債務不履行の強制履行

▼不法行為と損害賠償請求

不法行為とは

不法行為の損害賠償請求