自転車事故ホーム > マナーと標識 > 知っておきたい道路標識

知っておきたい道路標識

安全な通行を行うには道路標識を知っていなければなりません。自転車の通行に係わる道路標識を理解して安全運転を心がけましょう。

自転車運転に最低限知っておくべき道路標識

○自転車専用標識


自転車道や自転車専用道路を示します。

普通自転車以外の車両と歩行者は通行できません。


○自転車及び歩行者専用標識


自転車歩行者専用道路を示し、普通自転車と歩行者以外は通行できません。

普通自転車が通行できる歩行者用道路または歩道であることを示します。


○歩行者専用標識


歩行者専用道路を示しています。




○自動車専用標識


高速自動車国道または自動車専用道路であることを示します。


○一方通行標識


車両は、矢印の示す方向にしか進行できません。

「自転車を除く」という補助表示がある場合には、自転車は通行できることになります。


○車両通行区分標識


軽車両と2輪のみ通行できます。自転車は軽車両扱いですから通行することができます。


○車両進入禁止標識


車両の進入が禁止です。車両は標識が見える方向からは進入することができません。

補助表示として、「自転車を除く」とあれば自転車は通行できます。



○自転車通行止め標識


自転車は通行できません。


○車両通行止め標識


一般車両、軽車両扱いとなる自転車とも通行できません。


○通行止め標識


あらゆるものが通行禁止です。自転車も歩行者も通行できません。


○一時停止標識


車両は、交差点の直前や停止線の直前で一時停止しなければなりません。




○徐行標識


スピードをゆるめて通行する必要があります。


○並進可標識


自転車は2台並んで通行できます。

広い自転車専用道路やサイクリングロードなどで見ることができます。


○停止線標識


車両が停止する場合、この停止線の手前で止まる必要があります。


○自転車横断帯標識


自転車が横断できる場所であるを示しています。



○横断歩道標識


2つとも横断歩道であることを示しています。


○横断歩道・自転車横断帯標識


横断歩道と自転車横断帯の両方を示しています。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

相談・問い合わせ

自転車事故のトラブル解決ホーム

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進

スポンサーリンク