自転車事故ホーム > 自転車保険 > 自転車保険4つの分類

自転車保険の4つの分類

スポンサーリンク

自転車保険とは

自転車には様々な種類があります。一般的な自転車はもちろんですが、電動自転車やロードバイクなども自転車の一種として扱われます。

自転車という乗り物は実際にはかなりのスピードが出ますので、事故を起こした場合、相手も自分も大怪我をする危険性が非常に高いのです。相手だけでなく、自分を万一の事故・災難から守るためにも、自転車を運転する方は、自転車保険についてきちんと理解し、検討する必要があるでしょう。

自転車総合保険には個人型と家族型があり、自転車保険は基本的に4つに分類されます。

今すぐ相談

生命保険

死亡時に遺族に対して支払われる保険です。被保険者が死亡するなどの条件を満たすこと、受取人が保険金を受け取ることができるという保険です。

傷害保険

生命保険の一部としてではなく、傷害保険という単体としての保険商品があります。

傷害保険は、大変便利な商品で、自分がケガをした時にお金を保障してもらうことができ、入院・通院特約をつけると、入院や通院した場合に保険金が支払われるというものです。

生命保険や火災保険で傷害保険(入院特約を含む)がカバーされている場合は自転車保険として傷害保険に入る必要はありません。

賠償保険

自転車事故で賠償責任が発生した時、その全部または一部を代わりに払ってもらえる保険です。契約内容にもよりますが、基本的に対物・対人どちらも対応可能です。

盗難保険

自動車の車両保険に相当する自転車盗難保険です。

自転車の盗難が数多い(保険としてリスクが大きい)ことから、保険の種類は少なく、保険料も高くなっています。自転車の盗難保険に加入できる人(盗難保険を提供しているメーカーの自転車を購入した人等)も限られています。

今すぐ相談

自転車総合保険

損害保険会社で取り扱っている自転車の保険は「自転車総合保険」と呼ばれます。もちろん、自転車に関係しない傷害と賠償は保障の対象にはなりません。

下記にご参考までに一例として挙げておきますが、掛け金や保障の範囲など自転車保険について詳しいことは、最寄の自転車保険取り扱いの代理店に確認することをお勧めします。

自転車総合保険

保険料1,830円/年=死亡・後遺障害700万円+入院3,000円/日+通院1,500円/日+賠償限度額3,000万円/事故(免責1,000円)

JCA総合保障制度

傷害保険と賠償保険のふたつがセットになった自転車総合保険で、JCA(日本サイクリング協会)の会員になると自動的に付いてきます。

保険料1,480円/年=死亡・後遺障害245万円+入院2,400円/日+通院1,400円/日+賠償限度額1,000万円/事故

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

相談・問い合わせ

自転車事故のトラブル解決ホーム

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進

スポンサーリンク