自転車事故ホーム > 自転車のルールと交通違反 > 自転車の交通違反・罰金

自転車の交通違反・罰金

自転車の違法行為を挙げておきます。違法行為ですから、当然、罰則や罰金があります。(道路交通法上、自転車は軽車両に区分され、自動車運転による罰則と同じ扱いを受ける)

自動車とよりも、むしろ自転車には反則金制度(青キップ)が適用されないため、全て罰金(赤キップ)が切られ、前科となって自動車よりも重い扱いなるのですから、大きな注意が必要です。

自転車の違法な運転行為と、罰金

違法運転行為 罰則・罰金
飲酒運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
手放し運転  
携帯電話を使用しながらの運転 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
傘差し運転など不安定な乗り方 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
子供を前後に二人乗せての運転(安全基準を満たさない場合)  
二人乗り(16歳以上の運転者が6歳未満の子供1人を幼児用座席に乗せている場合は除く) 2万円以下の罰金又は科料
夜間無灯火運転 5万円以下の罰金
信号機無視 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
一時停止無視(踏み切りでの一時停止違反) 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
右側通行(危険回避など、やむをえない場合は除く) 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
安全運転義務違反(人に危害を及ぼす運転)  
2台以上並んでの走行(道路標識等により並進することができる場合は除く) 2万円以下の罰金又は科料
自転車道が設けられているのに自転車道を走行しなかった  
右折、左折、進路変更時に合図をしなかった 5万円以下の罰金
見通しのきかない交差点に徐行しないで突入 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
ブレーキなし、ブレーキ故障のまま走る 5万円以下の罰金

歩行者に危害を加える違反

違法運転行為 罰則・罰金
歩行者妨害 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
歩行者に衝突、逃走 1年以下の懲役、又は10万円以下の罰金
歩行者の横を猛スピードですり抜ける 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

このように、自転車を運転した人なら一度はやったことのある行動であったり、自転車運転をしている人を見ているとよく見る光景です。

あらためて自転車は軽車両であることをしっかりと意識し、道路交通法を守って安全運転をしないと大変なことになってしまう・・ということを再認識しなければなりません。

自転車の交通違反とはどのようなものかをよく理解し、被害者にも、もちろん加害者にもならなくて済むような安全運転を心がけたいものです。


相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

自転車事故のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進