自転車事故ホーム > 自転車のルールと交通違反 > 自転車の歩道通行ルール

自転車の歩道通行ルール

自転車安全利用五則を元に、場所や状況による自転車通行ルールを見てみましょう。

自転車が歩道通行していい場合

自転車は、原則、車道を通行しなければなりませんが、例外として歩道を通行できる場合があります。

例外として自転車が歩道を通行できるわけですから、歩行者の危険や妨げにならないように、規定があります。

原則、歩道は歩行者のためのものですから、歩道上での自転車事故は、100%自転車が悪いと判断されます。
>>歩道での事故判例

歩道を通行するときの規定

自転車運転には法的なルールがあって、誰でも自由にいつでも歩道を走れるわけではありません。自転車の走行においては下記のような規定のもと、歩道の運転が認められています。

また、

○自転車の徐行速度とは6〜8km/hのふらつかない程度に走行できる最も遅い速度

○歩道を通行できる場合は、左右いずれかの側の歩道を通行できる

○通常は並走禁止だが、並走可の標識があるところでは2台まで並走できる

○自転車横断帯がある場合は、その横断帯を通行しなければならない

このようなルールになっています。

ただし、下記のような「ながら運転」は禁止されています。

これに違反した場合には・・・、
2万円以下の罰金又は科料が課せられます。

今すぐ相談

スポンサーリンク

関連ページリンク

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

相談・問い合わせ

自転車事故のトラブル解決ホーム

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進

スポンサーリンク