自転車事故ホーム > 自転車のルールと交通違反 > 車道・自転車道通行ルール

車道・自転車道通行ルール

自転車安全利用五則を元に、場所や状況による自転車通行ルールを見てみましょう。

  1. 車道通行の原則
  2. 自転車道の通行
  3. 普通自転車専用通行帯(自転車専用レーン)

車道通行の原則

道路交通法上、自転車は軽車両扱いですから、歩道と車道の区別があるところでは車道を通行しなければなりません。また、車道では原則として左側通行をしなければなりません。

路側帯を通行する場合
著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除いては路側帯を通行することができますが、その場合は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で通行しなければなりません。

これに違反した場合には・・・
3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金、2万円以下の罰金又は科料が課せられます。

今すぐ相談

自転車道の通行

自転車道が設けられている道路では、やむを得ない場合を除いて、自転車道を通行しなければなりません。

これに違反した場合には・・・、
2万円以下の罰金又は科料が課せられます。

今すぐ相談

普通自転車専用通行帯(自転車専用レーン)

普通自転車専用通行帯(自転車専用レーン)が設けられた道路を通行する場合、基本的にその自転車専用レーン内を通らなければなりません。

道路標識

自転車専用レーンがある場所にある標識です。
通路に直接「自転車専用」と書かれていなくても、この標識があるところでは、左端レーンは自転車専用になります。

 

自転車通行帯

「自転車専用」とはっきりと記載されている通行帯(自転車専用レーン)です。

 

自転車専用通行帯ということを「自転車のイラスト」で表しています。

 

バスは下の写真ように、自転車通行帯の中に停車します。一般の自動車も駐停車する場合は、バスと同じように、車道の左端に付けて停めます。

 

法令で定められた様式による、上の写真のような道路標識や道路標示がなければ、道路交通法上の普通自転車専用通行帯には該当しません。

道路の端が青くペイントされている場合でも、自転車専用通行帯に該当しない場合は、自転車は、そのような部分を通行しなくてもかまいません。


相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

自転車事故のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進