自転車事故ホーム > 自転車事故の責任 > 自転車事故の立証責任は被害者にある

自転車事故の立証責任は被害者にある

被害者が自転車事故を立証する

自転車との事故の場合、事故に遭いながらとても厄介なことですが、被害者(歩行者)が加害者(自転車)の過失を立証しなければなりません。

歩道上での自転車事故

歩道上で、歩行者と自転車の事故がおきた場合は、自転車に100%の責任があります。

ですから、歩道上を歩行中に、自転車事故に遭った場合は、例外として被害者(歩行者)が事故の立証責任を負わず、損害賠償請求をすることができます。
歩行者との過失割合(歩道上)

自動車事故との比較

自動車事故の場合は、加害者(自動車の側)が責任がないことを証明しないかぎり、加害者(自動車の側)が責任を負うことになっています。

自動車の場合は、必ず自賠責保険に加入しており、その自賠責保険が適用されます。

今すぐ相談

立証責任を負うとは

自転車事故の立証責任があるということは、

  1. 事故の因果関係
  2. 損害の根拠となる証拠
  3. 親などに賠償責任を負わす場合には、子供への監督義務を怠っていたことの証明

などを、被害者自身が揃えなければなりません。

被害者は加害者(自転車)の過失を証明ができない時には、加害者(自転車)に対して不法行為責任を追及できず、損害賠償請求が認められないことになってしまいます。

このことはとても重要なことで、事故にあったからといって相手の保険を当てにしていては何も保障がされないことを理解しておかなければいけません。


相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせ

自転車事故のトラブル解決のホーム

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進