自転車事故ホーム > 参考資料 > 改正道路交通法

改正道路交通法

平成19年6月14日に成立した「道路交通法の一部を改正する法律」(平成19年法律第90号)(平成19年6月20日公布)により、下記のとおり自転車に関する通行ルール等の規定が改正されました。

これらの改正規定は平成20年6月1日から施行されています。

自転車に乗る人にとっては他人事でない法律です。道路交通法をしっかりと理解しながら、常に安全運転を心がけ事故の防止に努めるようにしなければなりません。

道路交通法の自転車に関する改正内容

平成20年6月1日より道路交通法及び同施行令の一部が改正され施行されました。


(道路交通法第63条の4)

これまで道路標識等により通行することができるとされている歩道を通行することができるようになりました。

ただしこの場合、道路標識等により通行すべき部分が指定されているときはその指定された部分を、指定されていない場合は、歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しながら通行しなければなりません。

また、歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければなりません。


(道路交通法第63条の4第1項第2号に並びに道路交通法施行令第26号)

次のような場合、歩道を自転車で通行することができるようになります。

・児童(6歳以上13歳未満)や幼児(6歳未満)が運転する場合

・70歳以上の者が運転する場合

・安全に車道を通行することに支障を生じる程度の身体の障害を持つ者が運転する場合

・車道等の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められる場合。

ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するために必要があると認めて歩道を通行してはならない旨を指示したときは歩道を通行することはできません。

(道路交通法第63条の4第2項)

車道内で道路標識等により自転車の通行すべき部分が指定されているときの通行方法について一部変更がなされました。

歩道内は徐行しながら通行しなければなりませんが、歩行者がいないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で通行することができます。

(道路交通法第10条第3項)

歩道内に自転車の通行すべき部分が指定されている場合、歩行者はこの部分をできるだけ避けて通行するように努めなければなりません。

(道路交通法第63条の10)

児童(6歳以上13歳未満)や幼児(6歳未満)が運転する場合、その保護者は乗車用ヘルメットをかぶらせるように努めなければなりません。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)

CategoryMenu

自転車事故のトラブル解決

相談・問い合わせ

自転車事故のトラブル解決ホーム

▼自転車のルールと交通違反

自転車は軽車両扱い

TSマークとは

自転車の安全利用五則

車道・自転車道通行ルール

歩道通行ルール

交差点・横断ルール

自転車の乗り方

自転車の2人・3人乗り

自転車の交通違反・罰金

自動車交通違反との違い

-ブレーキなし・故障-

ブレーキなしピスト自転車

▼自転車事故の事例・判例

自転車事故裁判例一覧

歩道上の事故判例一覧

路側帯上などの事故判例一覧

公園、駅等の自転車事故判例一覧

横断歩道の自転車事故判例一覧

対向方向進行中の歩行者に衝突していった自転車事故判例一覧

歩道のない道路での事故判例一覧

歩行者が加害者となる事故判例一覧

自転車同士の事故判例一覧

被害自転車が無灯火判例

無灯火未成年・親責任無判例

歩行者に衝突・親責任無判例

歩道上の事故判例

自転車同士衝突・親責任有判例

自転車事故事例と刑事罰

自転車事故が起きやすい時

▼自転車事故の責任

事故直後加害者がやること

事故直後被害者がやること

自転車事故民事・刑事責任

過失割合

歩行者との過失割合

自動車との過失割合

自転車事故の立証責任

未成年者の責任能力とは

自転車事故における親の責任

▼自転車保険

自転車保険に入るべきか

自賠責保険は適用されない

自転車保険(保険会社)

自転車保険4つの分類

自転車保険に代わるもの

TSマーク付帯保険

▼自転車事故の解決

自転車事故の示談

自転車事故の示談書の書き方

内容証明で慰謝料請求

▼自転車マナーと標識

自転車の運転マナー

知っておきたい道路標識

▼自転車ルール参考資料

改正道路交通法

自転車の安全利用促進