ホーム > 賃貸契約 > 仲介手数料とは

仲介手数料とは

仲介手数料とは

仲介手数料というのは、不動産会社が貸主と借主の仲介をし、その契約成立の報酬として受け取る手数料のことを言います。

国土交通省が定める仲介手数料

「宅地建物取引業者(不動産会社)が、貸主・借主から受け取る仲介手数料の合計額は家賃の1ヶ月分以内とする。貸主・借主の承諾を得ている場合を除き、それぞれから受け取る報酬額は家賃の0.5ヶ月分以内とする」

これを見ると、貸主が1ヶ月分を全額負担しても問題はないわけですが、貸主の力が強かったために借主が全額支払うケースが多数を占めていました。

最近になって、一部の不動産会社が貸主と借主から半分ずつ仲介手数料を取る形態が出てきているようです。ただ、まだまだ全国的に見ても、仲介手数料を貸主と借主の折半でという取引態様を取っている地域は少ないです。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)