ホーム > 賃貸契約 > 礼金とは

礼金とは

礼金とは

礼金と言うのは、戦後、住むところがない人達が「大家さん貸してくれてありがとう」という、お礼の意味でお金を包んだことから始まったとされます。こうした慣習が、現在でも継続して存在しています。

実際には、礼金の一部は大家さんが不動産会社に対して紹介料として充当していることが多いです。例えば、入居者から2ヶ月分の礼金をもらったら1ヶ月分は不動産会社に支払っているケースが多いのです。

つまり、「仲介手数料0円」と言っても、礼金を賃借人が支払うことで、大家さんが支払う仲介手数料(紹介料)を、賃借人が大家さんに代わって支払っているだけ、という場合もあります。

また、賃借人から、仲介手数料を取って、さらに、礼金の半分を大家さんから受け取る不動産会社もあります。こういうことが起こらないためにも、仲介手数料については国土交通省から基準が出されています。

現代社会から見たら、まったく理にかなわない慣習ですが、現状では、礼金なし以外の物件でない限り、礼金を払わない以上賃貸契約することができません。

しかし、将来的には、不動産賃貸市場の競争が激しくなり、『礼金なし』が当たり前の世の中になる可能性もあります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)