ホーム > 賃貸契約 > 保証会社の保証代行

保証会社の保証代行

  1. 保証会社の保証代行とは
  2. 不動産会社・大家さんのメリット
  3. 入居者のメリット
  4. 保証料

保証会社の保証代行とは

失業者の増加や保証人を付けづらいなどの世情から賃貸人側の不安も大きくなり、そのような背景からか保証代行というものが普及してきました。

賃貸契約における保証代行は、所定の費用を支払うことにより、賃貸契約の保証人を依頼できるシステムで、この際に支払う費用を保証料と呼びます。(保証料を大家か賃借人のどちらが支払うかは決まりはありません。)

賃貸物件を借りる人が保証代行会社を利用する場合には、その物件を取り扱う不動産会社自体が保証代行会社と契約している必要があります。気に入った賃貸物件が見つけて借りたいと思っても、不動産会社が従来の保証人制度(親や兄弟など)しか対応していなければ保証代行を使うことはできません。

両親など保証人になってくれる人がなかなか見つからず、保証代行を利用して借りたいのであれば、賃貸物件を探す前に不動産会社で保証代行が利用できるかどうか確認する必要があります。

保証代行には、大家さん、不動産屋、賃借人すべてに、下記のようなメリットがあります。

今すぐ相談

不動産会社・大家さんのメリット

景気が良くない時には比較的多いケースですが、保証人となっていた人が会社の倒産やリストラによって失業してしまった場合などに、保証人に請求しても家賃が担保されないというケースがあります。

保証会社を利用することで、不動産会社はもちろん、大家さんにとって家賃を回収できないというリスクを失くすことができます。

また、連帯保証人を自分で用意できない人でも入居させることができるため、空室が早く埋まるという傾向もあるようです。

今すぐ相談

入居者にとってのメリット

保証人が見つからないと当然ながら賃貸契約はできません。住みたくても住めない状況になるわけです。また、なかなか保証人は頼みづらいということもあります。

こうした場合、第三者である保証会社であれば、所定の費用さえ支払えば保証人になってくれるわけですから、契約者にとっても大変便利なシステムです。

大家さんによっては、保証料を大家さんが支払ってくれる場合もあります。

今すぐ相談

保証料

一般的に、保証の契約期間は1〜3年間単位で、保証料は家賃の25%〜30%程度が目安となります。保証の形態、期間、費用などは、保証会社によって異なります。

不動産屋が提携している保証代行会社のパンフレットなどで詳細を確認するようにしましょう。

また、物件によって、保証会社のシステムを利用できたり、できなかったり、保証料を大家さんが支払ってくれたり、賃借人が支払うことになっていたりと、個別に条件が異なる場合もあります。

今すぐ相談


関連ページ(広告が含まれています)